【V系】「戦略はありません」注目ヴィジュアル系バンド「DEZERT」インタビュー

激しいライブパフォーマンスやグロテスクな歌詞世界で、都内を中心に口コミで人気急上昇中のヴィジュアル系バンドDEZERT。結成のいきさつからメンバーのルーツまで、歯に衣着せぬ内容のインタビューです。

DEZERT

激しいライブパフォーマンスやグロテスクな歌詞世界で、都内を中心に口コミで人気急上昇中のヴィジュアル系バンドDEZERT。結成のいきさつからメンバーのルーツまで、歯に衣着せぬ内容のインタビューです。

 

 

千秋(ボーカル)

――結成のいきさつを教えて下さい。

千秋:ビビッと来たから。

SaZ:気づいたら、みたいな感じですかね。過去に色々あって結成しました。

若干まじめに話すと、前にバンドをやってまして、まあ解散とか脱退があるじゃないですか。それで元々俺とボーカルの千秋君がたまたま知り合いで。「長く続くバンドやりたくね?」みたいになって、そういうテンションからメンバー探しが始まった感じです。

 

――DEZERTはメディア露出も少ない中、口コミで人気が高まっている印象を受けます。

千秋:そもそもあんまりメディアに呼ばれないんっすよね。最初の頃は取材断ってたんですけど。

SaZ:基本的にここ1年くらいは声をかけていただいたらほぼ全部出てますね。


 

キラ(ギター)

――最初は取材を受けていなかったのは、なにか理由があったんですか?


千秋:ウチのバンドのことをよく知らないのに、流れ作業みたいな取材が嫌だったんで。

SaZ:結成したばかりだし、語るほどのこともなかったのもありますね。

千秋:ウチは自主なんで、広告費かけてメディアに露出するなら、その分をライブやレコーディングに使うわ! って感じだったんですよ。

SaZ:基本的に何事もよく分かってないんですよ僕ら。

――それにSaZさんはパンダの被り物をかぶったり、リコーダーを吹いたりして、ライブ中のパフォーマンスも変わってますよね。

SaZ:アレも意味があったらやってないと思うんですよ。なので…とくに何も無いです。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング