オリンパス、リニアPCMレコーダー「Multi-track Linear PCM Recorder LS-100」、マルチトラック録音に対応

2012.1.13 10:47配信
Multi-track Linear PCM Recorder LS-100

オリンパスイメージングは、最大耐音圧140dBSPLのマイクとXLRコネクタを搭載し、マルチトラック録音に対応したリニアPCMレコーダー「Multi-track Linear PCM Recorder LS-100」を、2月17日に発売する。価格はオープンで、実勢価格は4万5000円前後の見込み。

新設計の高性能指向性マイクと低ノイズにこだわった高音質マイクアンプ回路で、従来機をしのぐ高音質を実現している。マイクは最大140dBSPLの高耐音圧設計で、ライブなどの大音響でも音割れせずに録音できる。また、マイク室に入った音のはね返りを最小限に抑え、反響の少ない自然な音質で録音でき、20Hzからの低域周波数特性が深みのある豊かな音を再現する。

外部機器接続コネクタには、ファンタム電源に対応したXLRコネクタとフォーンコネクタを一体化したコンボコネクタを搭載。ファンタム電源は、48Vと24Vに対応する。また、左右独立したレベル調整ダイヤルで、適切な録音レベル調整ができる。このほか、リサージュ機能で左右の位相差を測定し、より細かなマイクの位置調整ができる。

最大8トラックのマルチトラック録音に対応し、8トラックの音源を同時に編集・再生できる。各トラックの音量やパンを調整してミックスダウンすることができ、外付けドライブを接続すればPCなしでCDをつくることができる。

記録形式はリニアPCM(WAV)/MP3。4GBのメモリを搭載する。SDXC/SDHC/SD対応メモリカードスロットを備え、最大64GBのメディアが利用できる。

電源にはリチウムイオン充電池を使用し、PCM録音の動作時間は内蔵ステレオマイク使用時が約9時間30分、ファンタム電源使用時が約2時間15分。PCとUSB接続する場合の対応OSは、Windows 7/Vista/XP、Mac OS X 10.4.11~10.7。サイズは幅70.0×高さ33.5×奥行き159.0mmで、重さは280g。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング