ドコモ、国内初の「VoLTE」による通話サービスを6月24日に開始

2014.6.19 13:49配信
「VoLTE」のサービスロゴ

NTTドコモは、国内で初めて、「VoLTE(ボルテ)」による通話サービスを6月24日4時に開始する。5月14日に、2014年夏モデルとともに、6月下旬に開始するとアナウンスしていた。

「VoLTE」は、Voice over LTEの略で、LTEの高速データ通信ネットワーク上で、高音質で安定した音声通話を実現する技術。対応する音声周波数帯域は、従来の300Hz~3.4kHzから50Hz~7kHzへと広くなり、高音域をよりクリアに表現する。ただし、高音質通話は、ドコモのLTEサービス「Xi」のエリア内で、ドコモのVoLTE対応端末同士で通話した場合のみとなる。

また、呼び出し音が鳴るまでの時間が短縮し、従来よりスピーディに発着信できる。音声通話に加え、高精細の映像と高音質の通話による「ビデオコール(テレビ電話)」や、通話中に高速データ通信ができる「高速マルチアクセス」に対応する。

対応機種は、2014年夏モデルのスマートフォン4機種と、タブレット端末2機種の計6機種。いずれも、6月24日以降、機種ごとに順次提供予定のソフトウェア更新を行うことで「VoLTE」に対応する。サービス開始日の6月24日時点では、販売中の「GALAXY S5 SC-04F」しか対応せず、「Xperia Z2 SO-03F」「AQUOS ZETA SH-04F」は6月下旬に、「ARROWS NX F-05F」と6月20日発売の7インチタブレット「AQUOS PAD SH-06F」は7月下旬、約10.1インチの大画面ディスプレイを搭載した防水タブレット「Xperia Z2 Tablet SO-05F」は9月下旬に対応する予定。

対応エリアは全国のXiエリアで、Xiエリア外では従来の回線交換による通話となる。追加料金はかからず、「Xi」向けのすべての料金プランで利用できる。なお、「ビデオコール」は、音声通話の料金に加え、映像の送受信によるデータ通信分に対し、パケット通信料がかかるが、2015年9月末までは、キャンペーンによってパケット通信料無料で利用できる。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング