【ラーメン】家系ならではの“つけ麺”を堪能! 「極楽汁麺らすた」「魂心家」「味山河」名店取材レポ

横浜のマニアックな情報をお届けしている「はまれぽ」が、家系ラーメン店ならではのつけ麺を提供している「極楽汁麺らすた」「魂心家」「味山河」の3店舗をレポートします!

ユーザーから投稿された「キニナル」情報を検証すべくはまれぽが体を張って調査!

今回のテーマは…

<横浜のココがキニナル!>
「家系ラーメン全店制覇への道」 家系ラーメンのスープをベースに、こだわりぬいたつけ汁で涼を運ぶつけ麺を提供する「極楽汁麺らすた」「魂心家」「味山河」の3店舗をご紹介。


夏の訪れが近いことを感じ始めた今日このごろ、暑い季節に汗を流しながら食べる熱いラーメンは味わい深いものがある。しかし、前回の「家系全店制覇・其の拾五」で浮気心の芽生えたライター千葉(以下:チバコロ)。

その取材先で気になって仕方がなかったメニューがある。

つけ麺だ――

つけ麺とは麺とスープが分かれており、麺を汁につけて食べるざるそばのラーメン版のようなもの。
しかし、単に麺とスープが分離しただけで、通常のラーメンと同じ味なのだろうか? 素朴な疑問を家系マイスターのマーコ氏にぶつけてみた。

すると、つけ麺には専用の味が用意されており、既存のスープにアレンジを加えた店がほとんどだという。アレンジは魚介や辛味など店舗によって異なり、家系ラーメン店ならではのつけ麺が食べられるとのこと。

家系を語る上でその味の違いも知っておいて損はない、とマーコ氏にそのまま連行されてしまった・・・。

そこで今回は、つけ麺の提供もある家系ラーメン店を紹介しようと思う。

 

ベールに包まれた魅惑の一杯

店長歴10年目の香山さん
 

最初に訪れたのは、東急東横線日吉駅前からまっすぐ伸びる日吉中央通り商店街を、2分ほど歩いたところにある「極楽汁麺らすた」。
オープンから18年、日吉で不動の地位を誇る人気店だ。

現在の店長である香山浩二さんは、かつて同店をこよなく愛する常連客のひとりだったそうだ。
 

味の深みを左右するガラは、厳選されたトリ、背骨、ゲンコツを使用

愛され続ける秘訣は、1996(平成8)年に同店を立ち上げた初代店主、鈴木武也(すずきたけや)氏のこだわりにあるという。ただ、鈴木氏の修行先などは明らかになっておらず、謎のベールに包まれた部分も多いのだそう。

店名の由来も諸説あるといい、「らーめん・すずき・たけや」の頭文字をつなげて「らすた」というのが、最も有力な説だそうだ。

 
黄色味の強い麺色と極太さが特徴的
 

麺も鈴木氏ならではのこだわりを全て注いだ「染谷製麺」の特注極太麺。
また、お客の要望から始めた、同店ならではの細麺による替玉システムもある。
 

 

こだわりぬかれた謎多き究極の一杯が、一番人気の「らすた麺(850円)」だ。
通常はのりがふやけてしまわぬよう、のりを被せるスタイルで着丼。
 

極太麺に思わず興奮!
 

ラーメンに使用されるスープに豆板醤(とうばんじゃん)やお酢などを加え、さっぱりとしながらも辛さを堪能できる味に仕上げた「つけ麺(700円)」は、ピリッとした辛さが刺激的。

麺の量はラーメンの大盛りに相当するという。また、最後に水で締めると硬くなるため、茹で時間はラーメンよりも3分ほど長め。

人気記事ランキング