ソニー、スマートフォンを約8回充電できる容量2万mAhの「CP-B20」などUSBポータブル電源新製品4シリーズ

2014.6.27 19:12配信
CP-B20

ソニーは、電池容量2万mAhタイプの「CP-B20」、軽量化に加え、5色を揃えた5000mAhタイプ「CP-V5」など、USBポータブル電源の新製品4シリーズを7月20日に発売する。

安全で信頼性の高いリチウムイオンポリマー電池を内蔵するUSBポータブル電源の新製品。約1000回繰り返し充電ができ、自己放電が少なく、フル充電後に1年経過しても約80%の電池残量を維持する。

「CP-B20」は、最高容量2万mAhの電池を内蔵し、スマートフォンを約8回分充電することができる。また、スマートフォンやタブレット端末などのさまざまな機器へ4台同時に給電でき、電源のない地域への出張、山登りやキャンプなどアウトドアでの使用、災害時の非常用の予備電源に適している。

サイズは幅84.4×高さ175.0×奥行き23.5mmで、重さは約550g。電池の残量目安を5段階で表示する。価格はオープンで、税別実勢価格は1万5000円前後の見込み。

「CP-V5」は、5000mAhの電池を内蔵し、スマートフォンを約2回分充電できる。本体に表面加工処理を施した樹脂を採用することで、傷つきにくい。また、従来製品の「CP-F5」から軽量化した。サイズは幅72.0×高さ127.0×奥行き12.2mmで、重さは約145g。カラーは、ブラック、ホワイト、クリームブルー、クリームピンク、ブラックブルーの5色。税別実勢価格は4000円前後の見込み。

同時に、内蔵電池容量1万mAhの「CP-F10LA」と、7000mAhの「CP-F2LA」を発売する。税別実勢価格は、「CP-F10LA」が8000円前後、「CP-F2LA」が6500円前後の見込み。カラーはそれぞれブラックとシルバー。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング