【肉】疲労回復に老化防止効果も! 牛・豚・鶏肉別「体にいい食べ合わせ」

ステーキ、焼肉にハンバーグ。肉料理もいろいろですが、実は一緒に食べると体に良い作用をもたらす付け合わせがあるのです。今回はお肉別に、体に良い食べ合わせをご紹介します。

もうすぐ夏本番!
今からバランスのよい食事・・・もちろんお肉もしっかり食べて、疲れ知らずでこの季節を乗り切りたいものですね。

さて、ステーキ、焼肉にハンバーグ。
この世にうまい肉はたくさんあるけれど、実は一緒に食べると体に良い作用を及ぼしてくれる付け合せがあるんですよね。体内に入った栄養素はお互いに助け合いながら、その役割を果たしますが、その中でも相性のよい食べ物を合わせて食べると、それぞれが持っている栄養を吸収できるだけでなく、相乗効果が得られるというのですから、相性のよい食べ合わせを実践しない手はないですよ!

ということで、今回は、お肉別、一緒に食べると体に良い食べ合わせをご紹介します。

 

牛肉、ここがいい!

牛肉といえば、良質なたんぱく質、脂質に恵まれ、ビタミンB1、B2,、B12,、そして、鉄や亜鉛、リンなどのミネラルも豊富に含まれています。特に肉や魚に含まれるヘム鉄は、野菜に含まれる非ヘム鉄よりも5~6倍も吸収率がいいんです。鉄分をしっかりとることができれば、貧血や疲労倦怠感の改善に効果があります。

また、特にたんぱく質は8種類の必須アミノ酸がバランスよく含まれているので筋肉や骨等を作ったり、子どもの発育・発達には欠かせな栄養源でとなります。

それでは、早速、牛肉に食べ合わせのよい食材をチェックしてみましょう。

 

<疲労回復、体力アップに!>
にんにく、トマト、ニラ、牡蠣、シジミなどを牛肉と一緒に食べると、疲労回復によいと言われています。その中でも、にんにくに含まれるアリシンは体を温め、風邪を予防してくれます。

 

牛肉に含まれる脂肪と一緒にトマトを食べると、トマトに含まれるリコピンの吸収がよくなります。ステーキを焼くときににんにくと一緒に焼くのには理由があるんですね。

「うまい肉」更新情報が受け取れます

人気記事ランキング

ソーシャルアカウント