<高血圧予防、コレステロール低下>
しめじ、ワカメ、ヒジキ、コンニャクを豚肉と一緒に食べると高血圧の予防やコレステロールを低下させてくれます。

 

豚にはコレステロールが多く含まれていますが、こんにゃくやねぎがそれを取り除き、味噌に含まれるアグリコン型イソフラボンが乳がんの防止に役立ちます。

 

<疲労回復、体力増強>
タマネギ、にんにく、なすを豚肉と一緒に食べると、疲労回復によいとされています。

豚肉には新陳代謝の促進や疲労回復に役立つビタミンB1が豊富に含まれていますが、ビタミンB1にはストレスを感じると尿中に排泄されるという欠点があります。その点、タマネギやニンニクに含まれるアリル化合物はビタミンB1と結合して、ビタミンB1単独の時よりも安定して代謝を行うことから、相性が良いのです。また、なすと豚肉と合わせることで、ビタミンB1、カリウム、水分がそろい、疲労回復に最適。
 

<美肌効果>
豚肉とブロッコリーやヨーグルトを一緒に食べると美肌効果によいと言われています。豚肉とブロッコリーの組み合わせは、たんぱく質とビタミンCを組み合わせることで、コラーゲンが増加し若々しい肌を保つ作用があるといわれています。

豚肉に含まれているたんぱく質とブロッコリーに含まれるビタミンCを組み合わせることで、相乗効果が働きやすくなります。

 

<老化防止>
かぼちゃ、さつまいもと豚肉。
豚肉とさつまいもを一緒に食べると老化防止に役立つと言われています。野菜類の中でもさつまいもに多く含まれるビタミンEは、老化現象の原因になると考えられている過酸化脂質が体内に発生するのを抑制する働きがあり、細胞の老化を遅らせみずみずしい肌をいつまでも保たせてくれるといわれています。
 

 

鶏肉、ここがいい!

鶏肉は肉の繊維が細くてやわらかいので、タンパク質の消化吸収に優れています。鶏肉には人の身体で合成することのできない必須アミノ酸のメチオニンが豊富に含まれています。メチオニンは肝機能を強化したり、肝臓に脂肪が溜まるのを防ぐ働きがあります。

また鶏肉の脂質には他の肉類とは異なり、オレイン酸やリノール酸が豊富に含まれており、これらには血液中のコレステロールを減らす働きがあるといわれています。また、鶏肉にはレチノールが多く含まれていて、このレチノールは身体の中でビタミンAの働きをします。レチノールは皮膚や粘膜を保護して肌荒れや乾燥肌になるのを防ぐ働きがあります。手羽先や鳥の皮にはコラーゲンがたっぷり含まれているので、レチノールとコラーゲンの相乗効果で美容に効果を発揮してくれます。

「うまい肉」更新情報が受け取れます