バッファロー、IEEE802.11a/b/g/n対応無線LANルータ「WZR-S900DHP」「WZR-S600DHP」、ペアレンタルコントロール機能搭載

2014.7.10 12:59配信
WZR-S900DHP

バッファローは、IEEE802.11a/b/g/n準拠の無線LANに対応し、ペアレンタルコントロール機能を備えた無線LANルータ「WZR-S900DHP」と「WZR-S600DHP」を、8月上旬に発売する。

有害サイトへのアクセスをブロックする「Webフィルタリング機能」と、インターネットの使い過ぎを防ぐ「時間帯の制限機能」のペアレンタルコントロール機能で、子どものインターネット利用を適切に管理できる無線LANルータ。

「Webフィルタリング機能」は、過激サイトや卑わいなサイトの検索・閲覧を制限する機能で、フィルタリングシステムにシマンテックのNorton Connect Safeを採用。複数の端末を保護対象として登録することができ、登録している端末だけがアクセス先を制限できる。

「時間帯の制限機能」は、子どもが利用するPCやゲーム機、スマートフォンなどの端末をリストに登録するだけで、深夜など、時間帯によってアクセスを制限する。端末ごとの登録なので、登録していない大人の使うPCやスマートフォンなどは、制限なく利用できる。

このほか、通信の優先順位を設定する「アドバンスドQoS」機能を搭載。動画サービスやゲーム機を優先するなど、ライフスタイルに合わせた通信の優先度の最適化ができる。無線LANの安定性を向上するアンテナレイアウトと高性能パワーアンプ採用のハイパワー設計によって、安定した無線LAN通信を実現している。

インターフェースは、1000BASE-T/100BASE-TX/10BASE-T準拠の有線LANポート×5基(WAN側×1基、LAN側×4基)と、接続した外付けHDDやプリンタをLAN経由で共有できるようにするUSB2.0×1基を搭載する。

「WZR-S900DHP」は、3×3内蔵アンテナを搭載し、通信速度は5GHz/2.4GHzともに最大450Mbps(規格値)。税別価格は1万4300円。

「WZR-S600DHP」は、2×2内蔵アンテナを搭載し、通信速度は5GHz/2.4GHzともに最大300Mbps(規格値)。税別価格は1万1100円。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング