フロンティアファクトリー、Klipschのカナル型イヤホン「X10」、2007年のイヤホン初参入モデルを復活

2014.7.11 17:30配信
X10

フロンティアファクトリーは、米Klipsch(クリプシュ)が2007年に発売したイヤホンへの初参入モデルを復活したカナル型イヤホン「X10」を、アジア地域限定で7月25日に発売する。価格はオープンで、税別の実勢価格は1万9800円前後の見込み。

Klipschが2007年(日本では2008年)に発売したカナル型イヤホン「Image X10」の復活モデル。

「Image X10」は、アルミニウム素材による特徴的なデザインで、重さ9gの軽さを実現。独自仕様のBA(バランスド・アーマチュア)ドライバを採用し、シングルBAながら繊細・ダイナミックなサウンドを再生する。

復活にあたって、名称を「X10」に変更するとともに、プラグ形状をなだらかなカーブからストレートに、付属品をポーチとイヤーチップ「Oval Ear Tips」に変更した。「Oval Ear Tips」はシングルS/M/L、ダブルS/Lの計5サイズで、どんな耳にもフィットして高い装着感と遮音環境を提供する。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング