サッカー苦手な子でも問題ナシ! 日本に初上陸の「バブルサッカー」体験レポ【動画あり】

2014.7.16 14:00

ヨーロッパやアメリカなどで盛り上がっている、まったく新しいスポーツ「バブルサッカー」。2014年に日本にも初上陸し、日本で初となるキッズ向けのバブルサッカー大会が開催! 早速小学校1年生男子2人とともに参加してみた。

ヨーロッパやアメリカなどでまったく新しい「バブルサッカー」というスポーツが盛り上がっているのをご存知だろうか?

何でも技術がまったくない人でも楽しめるという、画期的なサッカーらしい。この夏日本にも初上陸し、7月6日には日本で初となるキッズ向けのバブルサッカー大会が開催!
早速小学校1年生男子2人とともに参加した。

サッカーが苦手な息子、バブルサッカー動画をみて大興奮!

1ヶ月近くに渡り熱戦が繰り広げられたサッカーW杯が終了。日本代表の戦いは正直不甲斐なかったが、テレビを見ていた子供たちの中には「いつか自分もW杯に出たい!」なんて熱い志を持つ子もいたはずだ。

しかし我が家の息子(小学校1年生)はというと、保育園時代2年間サッカー教室に通っていたが、試合中にボールを追わないというまさかのやる気のなさ。本人同意のもと、6歳でサッカー生活を引退している。もうこの先サッカーには縁がないのかな……と親として残念に思っていた矢先、耳にしたのが「バブルサッカー」という新しいスポーツのこと。

一体どんなスポーツなのか? これは正直文章で書くよりも、動画を見てもらうほうが手っ取り早いし伝わるだろう。ということで、こちらの動画を見ていただきたい。

「バブルサッカー」の「バブル」とはつまり「泡」のこと。泡のような空気の入った球体の中に入ってサッカーをするのだ。敵や味方と競り合うと、バブル同士が反発し、プレイヤーは体ごとひっくり返ってしまう。その様子が面白くて、息子も動画を見ながら爆笑していた。そして「これやりたい!」と大興奮!

バブルに慣れるレクレーション開催。転倒して起き上がるのはけっこうキツイ!

そんな中、7月6日に東京タワーの位置するランナーズサロン「ラブスポ東京」が、日本初となる「キッズバブルサッカー大会」を東京タワーで開催するという状況をキャッチ! 参加対象は小学生ということで、参加してみることに。

こちらは息子と、同じ小学校1年生の従兄弟。そのほかにもたくさんの小学生が集まり、この日は合計26人の参加者が集合!
それぞれ6人チームを作り、バブルサッカー対決をする。ちなみにうちの息子と従兄弟は黄色チーム。2人が足を引っ張らなければいいけれど……。

 今回は日本初ということで、当然ながら皆初心者。サッカーの試合前に、まずは初となるバブルを装着してみることに。

「ハピママ*」更新情報が受け取れます

やせる・美肌・若返る♪ 注目キレイ術

     

人気記事ランキング

ハピママ* Twitterをフォローしてね

50ママ 総合ニュース&コラム

50赤ちゃん・妊婦ニュース

50子育て・教育ニュース

ソーシャルアカウント