UQ、公衆無線LANサービス「UQ Wi-Fi プレミアム」開始、MVNOも同様のサービスを提供

2014.7.28 16:41配信

UQコミュニケーションズは、超高速モバイルインターネットサービス「WiMAX 2+」契約者を対象とした公衆無線LANサービス「UQ Wi-Fiプレミアム」の提供を開始した。また、MVNO(仮想移動体通信)各社も、WiMAXサービスのオプションとして同様のサービスの提供を開始した。

下り最大110Mbpsの高速通信が利用できる超高速モバイルインターネットサービス「WiMAX 2+」の無料オプションとして提供する公衆無線LANサービス。「UQ Wi-Fi」エリアに加え、ワイヤ・アンド・ワイヤレス(Wi2)が提供する公衆無線LANエリアも利用できる。「WiMAX 2+」ユーザーは、会員サポートページ「My UQ」から、簡単な申込み手続きだけで「UQ Wi-Fiプレミアム」を利用できる。

MVNO各社も、WiMAXサービスのオプションとして提供。ヤマダ電機の「YAMADA Air Mobile WiMAX」は「YAMADA Wi-Fi プレミアム」、ビックカメラ、ソフマップ、コジマで取り扱うラネットの「BIC WiMAX」は「Wi-Fi+プラス プレミアム」、エディオンの「エディオンネット」は「Free Wi-Fiプレミアム」、ノジマの「nojima WiMAX」は「nojima Wi-Fiプレミアム」、ダイワボウ情報システムの「DIS mobile WiMAX」は「DiS Wi-Fi プレミアム」、ケーズデンキが取り扱うケーティーコミュニケーションズの「KT WiMAX」は「KT Wi-Fiプレミアム」として、提供を開始した。ニフティの「@nifty WiMAX」は「@nifty WiMAX Wi-Fi プレミアムサービス」として、8月20日に開始する。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング