【TIF】ついに直前!『TOKYO IDOL FESTIVAL 2014』の傾向と対策・見どころを徹底解説!【アイドル】

2014.7.29 10:55

いよいよ今週末に開催が迫った「TOKYO IDOL FESTIVAL」。ウレぴあ総研では毎年恒例の、直前TIF攻略法特集をお届けします!注目アイドルから会場移動の注意、動画での予習もできます。これを読んでTIFをおもいっきり楽しもう!

写真は過去の開催模様

いよいよ今週末に迫って来ました、TIF2014。今回の記事では、おととしの座談会去年の直前特集に引き続いてTIF直前ガイドをお届けします!

5年目の開催となった今年、さらにさらに変化したTIF2014についてじっくりと考察しつつ、今年の攻略法を考えていきたいと思います。では、いってみましょう!(この記事は7月27日現在の情報をもとにしています。)

1:会場について

TIF2013のHOT STAGE(Zepp Tokyo) 今年もNegiccoはHOT STAGEに立ちます。

まずは会場について。実はTIFの会場は、毎年少しずつ変化しているんですよね。特に変化が大きいのがメインステージとなるHOT STAGE。会場が現在のお台場に移った2011年から、湾岸スタジオM2→Zepp DiverCity→Zepp Tokyoと移り変わり、今年は初となるお台場新大陸 Great Summerスタジアムとなりました。

お台場イベントのメインステージだと、やはり椅子アリでしょうか? TIF2012、2013とHOT STAGE会場は1000人規模のライブハウスだったことから考えると、この変更は少し残念でもありますが、初の屋外ステージというポイントは大きいです。やっぱり夏は野外!吹き抜ける風と太陽の光が心地いいですよね。屋根はありますが、荒天にならないことを祈るのみです。

さて、今年復活したステージもあります。DiverCityフェスティバル広場は通称「ガンダム前」ステージ。2012年に数々のアイドルが猛暑の中で激熱パフォーマンスを繰り広げた会場です。DiverCity前のフリー会場ということで、TIF以外のお客さんの目がたくさんあるステージとなることでしょう。ここから新しいファンを獲得して大きくブレイクするグループもあるかも。多くの人を惹きつけるパフォーマンスに期待大です。

TIF2012のGREEN OASIS(現FESTIVAL STAGE) しず風&絆のステージは圧巻でした!
 

また、フジテレビ本社屋前には、今年初となるMY NAVI STAGEが設置されます。こちらもフリー会場で、TIF以外のお客さんが多くなりそうです。8月2日には、メインステージであるHOT STAGEの出場権をかけた「全国TIF盛り上げ女王決定戦」が開催されます。各グループ10分の持ち時間の中で、どれだけ魅力を伝えることが出来るのか。見ているほうもドキドキしそうな企画ですね…。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング