「別れよう」

……別れは当事者にとってあまりにも突然で、まるで天変地異のように思うかもしれません。でも、それはあなたが恋に酔いしれていたから。恋に酔いしれ舞い上がっていては、彼のサインも何もわかりません。恋はいつでも彼をじっくりと冷静に見ることができなければならないのです。

彼を冷静に見ていなかったからこそ「ある日別れが突然に」なのです。彼が別れを決意したとき、態度が変わってしまうのを見抜けますか?

しかも、彼の“別れたいサイン”は分かりやすいものばかりではありません。

今回は、その意外なサインを5つ解説したいと思います。

1.思い出話をするようになる

「去年の夏の軽井沢、楽しかったなあ」などと、彼があなたとの楽しかった思い出話ばかりするようになったら注意信号。

恋愛は、恋人との今と未来のためのもの。それが過去の話ばかりするというのは、現在に不満を持っている証拠です。

2.急に態度が変わる

「忙しいから」という理由で、家まで送ってくれなくなった。「作りかけの資料があるから」とデートを早めに切り上げる……などの態度の変化。

これはあからさまでわかりやすいですが、「これ好きだったよな」とお菓子を買ってきてくれるなど、逆に優しく急変するのも危険信号です。

これからフる予定の彼女を哀れに思ったり、自分の心に後ろめたさがあり、それを隠そうとして優しくなるのです。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます