EIZO、IPSパネルを採用した31.5型の4K対応液晶ディスプレイ「FlexScan EV3237」

2014.8.4 16:19配信
FlexScan EV3237

EIZOは、4K解像度(3840×2160)に対応する31.5型液晶ディスプレイ「FlexScan EV3237」を9月19日に発売する。価格はオープンで、EIZOダイレクトでの税込み価格は19万9800円。

広視野角IPS方式の液晶パネルを採用したPC向けの高解像度4K(3840×2160)ディスプレイ。フルHD(1920×1080)の4倍の大情報量を31.5型の大画面に一度に表示する。金融市場やCAD、地図表示、表計算ソフトなど、一度に大量の情報を扱う用途で業務効率を向上することができる。

周囲の照度に合わせて画面を最適な明るさに自動調整する「Auto EcoView」機能を搭載。また、「Auto EcoView」機能との併用でブルーライトの発生量を大幅に削減する「Paperモード」を備える。肉眼では気づきにくい低輝度時の画面のちらつきをカットする「EyeCare調光方式」を採用したほか、ノングレアの液晶画面で光の映り込みを和らげるなど、目の疲れに配慮した。

DVI-D、DisplayPort(2系統)、HDMIの4系統のデジタル入力端子を搭載。大画面で複数の映像ソースを参照する「Picture by Picture(PbyP)」や「Picture in Picture(PinP)」など、幅広い用途で使えるさまざまな機能を備える。また、USB3.0準拠のUSBハブ×3系統のうち1基は、スマートフォンやタブレット端末の充電に対応する。このほか、ヘッドホン端子や1.0W+1.0Wステレオスピーカーを搭載する。コントラスト比は1000:1、応答速度は5ms(中間階調域)。

PbyP、PinP機能や、画面表示、省エネなどの各種設定は、新たに開発したソフトウェア「ScreenManager Pro」と「EIZO Monitor Configurator」を使って手元のマウスで簡単に操作できる。サイズは、幅731×高さ439~578×奥行き245mmで、重さは約10.6kg。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング