ファーウェイ、SIMロックフリースマートフォン「Ascend P7」と初のウェアラブル端末「TalkBand B1」

2014.8.25 18:18配信
Ascend P7

ファーウェイ・ジャパンは、SIMロックフリースマートフォンの新製品として、グローバルフラッグシップモデルの「Ascend P7」と発売中の「Ascend G6」の新色ピンクを9月5日に、初のウェアラブル端末「TalkBand B1」を8月29日に発売する。

「Ascend P7」は、ガラス仕上げの美しいデザインがヨーロッパの「EISA アワード」で評価され、「European Consumer Smartphone 2014 - 2015」を受賞したグローバルフラッグシップスマートフォン。

背面パネルに、高い強度と美しさを誇る米コーニングのゴリラガラス3を採用。その下の7層構造の光の反射で、波紋模様が浮かび上がる。精巧なヘアライン加工を施したフレームと組み合わせて、厚さわずか約6.5mmの超薄ボディに仕上げた。約5インチのフルHDディスプレイにもゴリラガラス3を採用。スリムなベゼルで美しい大画面を実現した。

下り最大150Mbps/上り最大50MbpsのLTE通信に対応するほか、ファーウェイが投資したチップセットメーカー、ハイシリコンが開発した1.8GHzのクアッドコアCPU、Hisilicon Kirin 910Tを搭載。大容量データを高速処理する。OSは、Android 4.4(KitKat)。

アウトカメラには、F2.0のプラスチック5枚非球面レンズ、ソニー製の1300万画素の裏面照射型CMOSセンサ、独立したISP(Image Signal Processor)、ハードウェアHDR(ハイダイナミックレンジ合成)を内蔵し、夜景や暗い室内でも美しく撮影できる。広角80°、800万画素のインカメラは、「パノラマセルフィーモード」でパノラマ景色を背景にした自分撮りや、大人数でのグループ撮影が楽しめる。また、肌年齢を10段階で補正するファーウェイ独自の「ビューティーモード」が進化し、動画に対応した。このほか、スタンバイ状態から約1.2秒で撮影が「ウルトラスナップショット」を備える。

ユーザーインターフェースは、独自開発した「Emotion UI」の最新バージョンの「2.3」を搭載。簡単に片手で操作できる「フローティングボタン」や、端末を振ることで、不規則に並んだアイコンを整理する機能などが利用できる。サイズは、幅約68.8×高さ139.8×厚さ6.5mmで、重さは約124g。カラーは、ブラックとホワイト。税別価格は4万6800円。

「TalkBand B1」は、歩数やカロリー消費量など、日々の活動を測定し、健康管理ができるウェアラブル端末。IP57相当の防水機能を備え、装着したままでシャワーを浴びたり、スポーツを楽しんだりできる。ユーザーの睡眠リズムを分析し、心地よく目覚めるタイミングでアラート設定ができる睡眠分析機能を搭載する。

1.4インチのBluetooth対応OLEDディスプレイはワンタッチで取り外しができ、リストバンドとしてだけでなく、ヘッドセットとしてハンズフリー通話に対応。端末がユーザーから10m以上離れるとリストバンドが振動し、紛失を防止する。90mAhのバッテリを備え、フル充電で6日間連続使用できる。

Lサイズがブラック、Sサイズがイエロー。Lサイズは、幅約247.5×高さ19.3×厚さ14.6mm、Sサイズは幅約221.5×高さ19.3×厚さ14.6mm。重さは約26.2g。iOS/Androidに対応する。税別価格は1万3800円。

「Ascend G6」は、6月末に発売したSIMロックフリーのスマートフォン。既存のホワイトとブラックに、今回、新色のピンクを追加し、カラーバリエーションを3色にする。税別価格は2万9800円。

ドスパラ、ひかりTV ショッピング(NTT ぷらら)、ビックカメラ、ヨドバシカメラ、Caravan Yu、e-TREND、Murauchi.com、NTT-X Store、ZOAでは、8月22日に予約の受付を開始した。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング