ソフトバンクモバイル、「iPhone 6」16GBに無料で機種変更できるキャンペーン

2014.9.12 19:54配信
iPhone 6(左)とiPhone 6 Plus

ソフトバンクモバイルは、アップルのスマートフォン「iPhone 6」「iPhone 6 Plus」を9月19日8時に発売する。発売に先立って、iPhone取扱い店やオンラインショップで予約受付を開始した9月12日、新規・乗換え(MNP)、機種変更時の機種代金を発表した。また、9月19日から「タダで機種変更キャンペーン」を開始する。

「iPhone 6」「iPhone 6 Plus」は、4.7/5.5インチの「Retina HDディスプレイ」を搭載し、基本性能やカメラの撮影・編集機能を強化した最新モデル。デザインを一新し、従来より画面サイズを大型化すると同時に、薄型化を図った。厚さはどちらも「iPhone 5s」より薄い。容量は、それぞれ16/64/128GBの3種類。カラーは、シルバー、ゴールド、スペースグレイの3色。

通信方式は、高速通信規格のLTEと3Gネットワークに対応し、ソフトバンクモバイル版は、「iPhone 5s/5c/5」でも対応していた「SoftBank 4G LTE」に加え、「SoftBank 4G」も利用できる。

税込みの現金販売価格は、「iPhone 6」の16GBが7万80円、64GBが8万3280円、128GBが9万4080円、「iPhone 6 Plus」の16GBが8万3280円、64GBが9万4080円、128GBが9万9360円。指定の条件を満たす場合に、機種ごとに一定金額を最大24か月間割り引く「月月割」を適用した場合の実質負担額は、MNP・新規契約の場合、「iPhone 6」の16GBが0円、64GBが1万2960円(540円×24回)、128GBが2万3760円(990円×24回)、「iPhone 6 Plus」の16GBが1万2960円(540円×24回)、64GBが2万3760円(990円×24回)、128GBが3万4560円(1440円×24回)。

「月月割」の割引額は契約種別と機種によって異なり、MNP・新規契約の場合は2920円(総額7万80円)/2930円(総額7万320円)/2700円(総額6万4800円)、機種変更の場合は、2315円(総額5万5560円)/2325円(総額5万5800円)/2095円(総額5万280円)。機種変更の場合、通常時の実質負担額は、「iPhone 6」の16GBが1万4520円(605円×24回)、64GBが2万7480円(1145円×24回)、128GBが3万8280円(1595円×24回)、「iPhone 6 Plus」の16GBが2万7480円(1145円×24回)、64GBが3万8280円(1595円×24回)、128GBが4万9080円(2045円×24回)。

※2014年9月13日の変更反映済み

料金プランは、7月1日から開始した新料金プラン「スマ放題」または従来プラン(11月30日に新規申込み受付終了予定)。ただし、データ定額パック・家族データシェア・2台目データシェア・タブレット・ルーターセット、パケットし放題フラット for 4G LTEのいずれかに加入していない場合、「月月割」は適用されない。

●最新iPhoneの実質負担額が下がる「タダで機種変更キャンペーン」

新しいiPhoneの発売に合わせて、破損がなく、正常に動作するソフトバンク携帯電話から最新iPhoneなどに機種変更すると、毎月の通信料金を割り引く「タダで機種変更キャンペーン」を実施する。キャンペーン期間は9月19日~12月14日。

例えば、「iPhone 5s/5c/5」から「iPhone 6」の16GBに機種変更する場合、通常、1万4520円の端末代の実質負担額が0円になり、さらに、毎月の通信料金から合計1万800円を割り引く。「iPhone 6」の16GBに機種変更する場合は、実質負担額は月100円。特典として、端末代と通信料金の割引の代わりに、利用料金に応じて貯まる「Tポイント最大2万5320ポイントプレゼント」を選ぶこともできる。機種変更対象機種は、最新機種のiPhone 6/6 Plus、iPhone 5s/5c/5、SoftBank 4Gスマートフォンで、特典の割引額(付与するTポイント数)は機種によって変わる。なお、機種変更前に使用していた端末は、ソフトバンクモバイルが回収する。

このほか、「スマ放題」加入者を対象に、最大1年間無料でiPadを利用できる「iPadセット割」や「10GBがおトクキャンペーン」などの各種キャンペーン・割引プログラムを実施する。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング