ASUS、タブレット端末のような操作感の10点マルチタッチ対応19.5インチワイド液晶ディスプレイ「VT207N」

2014.9.16 13:7配信
VT207N

ASUSTeK Computer(ASUS)は、9月12日、10点マルチタッチに対応した19.5インチワイド液晶ディスプレイ「VT207N」を発売した。価格はオープンで、税込みの実勢価格は2万6000円前後。

解像度1600×900の19.5インチワイドTN液晶パネルは、画面に軽く触れるだけで反応する応答性にすぐれた静電容量方式タッチスクリーン。10点マルチタッチ対応で、写真の拡大・縮小や回転など、タブレット端末のようなマルチタッチ操作を快適に行うことができる。

独自のコントラスト拡張技術「ASCR(ASUS Smart Contrast Ratio)」テクノロジーで、液晶パネルのスペックを超える1億:1の高コントラスト比を実現。暗い部分から明るい部分まで、メリハリのある映像を表示する。

映像エンジンチップには、画面に表示する情報を1フレーム単位で解析して画像処理をする「Splendid」を搭載。表示内容に合わせて最適な画像処理を行う。また、映像ソースに応じて適した画像処理をする「プリセットモード」によって、ゲームなら「ゲームモード」、映画なら「シアターモード」といった映像ソースに合わせた最適な画質を実現する。

画面上に写真プリントと同じサイズの枠線を表示したり、画面を分割するグリッド線を表示したりすることができる「Quick Fit」機能を搭載。アメリカの4×6サイズ、3×5サイズ、2×2サイズの3種類と、画面9分割方眼の計4種類の枠線表示に対応し、画面上での画像の構図の変更や、水平のチェックができる。

対応OSはWindows 8.1/8/7で、Windows 7での使用時は2点までのマルチタッチに対応する。インターフェースは、DVI-D(HDCP対応)×1、ミニD-sub15ピン×1、USB2.0×1基を備える。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング