パイオニア、USB3.0対応ポータブルBD/DVD/CDライター「BDR-XD05J2」、クラムシェルタイプでは同社最軽量

2014.10.14 16:00配信
BDR-XD05J2

パイオニアは、クラムシェルタイプでは同社最軽量のWindows用ポータブルBD(ブルーレイディスク)/DVD/CDライター「BDR-XD05J2」を、エスティトレードを通じて10月下旬に発売する。価格はオープンで、実勢価格は1万3000円前後の見込み。

BDやすべてのBDXLディスクへの記録・再生ができるポータブルBD/DVD/CDライター。メディアなどの使用状況を学習し、不要な電力を自動でカットする「インテリジェントエコモード」によって、スタンバイ時の待機消費電力を従来機種「BDR-XD05J」から約40%低減した。

ディスクへの書込み機能では、書込みと記録状態のチェックを交互に行う「ライト&ベリファイモード」のアルゴリズムを最適化し、記録時間を「BDR-XD05J」よりも短縮した。

別売のワイヤレスドック「APS-WF01J」と組み合わせれば、無線LAN経由でWindows搭載PCやタブレット端末でBDソフトを再生できる。

このほか、キズや汚れで読み取れないディスクに対して、独自のアルゴリズムで再度読取りを行う「PURE READ2+(原音再生)」や、動作音を低減する「アドバンス静音モード」、電源を切った状態でもディスクを取り出せる「エマージェンシーイジェクトレバー」を備える。リカバリCDでPCを起動する「USBブート」に対応する。

付属ソフトはすべてサイバーリンクの製品で、BD/DVD再生ソフト「PowerDVD12」、BDXLなどさまざまなディスクに対応した書込みソフト「Power2Go 8 for PURE READ」、ドラッグ&ドロップで書き込むことができる「InstantBurn 5」、ディスクのラベルデザインができる「LabelPrint 2」、高解像度の映像を簡単に編集できる「PowerDirector 10 LE」。

本体は、クラムシェル型ドライブとしては同社最軽量。コンパクトサイズなので収納しやすく、手軽に持ち運べる。電源はUSBバスパワーに対応するとともに、専用ACアダプタ接続用端子も搭載している。

対応OSは、Windows 8.1/8/7/Vista/XP。サイズは幅133.0×高さ14.8×奥行き133.0mmで、重さは約230g。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング