どんなカップルもラブラブ期が過ぎると安定期に入ります。長く安定したあと、だんだん飽き始める。それはどんなカップルでも通る道です。

恋人に飽きてしまうのは仕方がないことですが、早めに気づけば冷静に対応できるかもしれません。

今回は「彼氏が彼女に飽きたときに発する7つのワード」について考えてみました。

彼氏がこんなことを言うようになったら要注意!

1.「疲れた」

疲れたアピール。「君ではもう癒されないんだ」「君といても疲れるんだ」という意味です。

仕事で「疲れた」と言っていると思っていたら、なんと彼女に向かって言っていたということがあります。

「疲れた」は万能の言葉。これで話を終わらせられるし、一人になることができます。連発するようなら要注意。

2.「忙しい」

シャットアウト。「忙しい」と言われると、何も言えません。そして会うことがなかなかできなくなります。「君のために作る時間がない」ということなのですから。

こう言われたら、本当に忙しいのか見る必要があります。突然忙しくなったのなら、彼女になぜ忙しいのか、いつ忙しくなくなるのかを話すはずです。

3.「知らない」「フーン」

無関心。こんなテンションで言われたらショックですよね。無関心どころか何を聞いても「知らない」と答えるのなら重症。話すのがめんどくさくて「知らない」と言っているだけかも。

「うん」ではなく「フーン」もかなり強烈ですね。飽き飽き、どうでもいいと思っています。

4.「なに言ってんの?」

否定。まず、好きな人に向かってこんな言い方で否定はしません。

男性は論理的に説明します。「なに言ってんの?」は「君の言っていることは理解できないしどうでもいい。もう話すな」という意味です。

5.「ホントにそう思ってる?」

否定まではいきませんが、彼女に「君の本心は違うんだろ?」と言いたそう。でも、実は自分がそうなのです。

「本当はそう思ってない。僕の本心は違う」ということなのです。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます