その調理法待った! やりがちだけど病気の原因になっちゃう“危険な食材”5つ

日々の間違った調理法が、病気を引き起こす原因となってしまうという怖い事実があるのをご存知でしょうか…。フードアナリストの筆者が、調理法に注意すべき要注意食材5つをご紹介します。

健康のために、毎日のお料理を工夫している女性も多いですよね。
みなさんの中にも、栄養バランスを考え、味付けにエッセンスを加え、家族のために少しでも美味しいものを! と、努力している人も少なくないことと思います。

でも、日々の調理法が間違っていたばっかりに、病気を引き起こす原因となってしまう、コワ~い事実があるのをご存知でしょうか…。

今回の記事ではフードアナリストの筆者が、海外の健康情報サイトに掲載された情報をもとに、みなさんに気をつけてほしい調理法について、5つご紹介します。
 

1:葉物野菜

サラダなどで生で食べることも多い葉物野菜ですが、洗うときにじゅうぶん気をつけないと、病気の原因となるリスクをはらんでいます。レタスやキャベツ、ほうれん草などの野菜を調理する際には、注意してください。

なんとアメリカの疾病管理予防センターによると、1998年から2008年の間の10年間で、8,836件もの症例が報告されているというのです! 葉物野菜には肥料による汚染もあるので、しっかりと水で洗い流すように、忘れずに意識してください。
  

2:卵の調理

卵にはサルモネラ菌が含まれることから、食中毒のリスクがあります。
卵がけご飯など、日本には生の卵を食べる習慣がありますが、疲れている時や、体が弱っている時には生卵を食べるのは避け、必ず火をいれて調理するように気をつけておきましょう。
加熱処理をすることで、細菌のリスクを減らすことが可能です。

生のままで子どもや高齢者に食べさせるのは、注意が必要な食材といえますね…。
 

いま人気の動画

     

人気記事ランキング