今さら聞けない! 「格安スマホ」のメリット/デメリット&各社サービスまとめ

月額料金が月3000円程度で押さえられる「格安スマホ」。その基礎知識やメリット・デメリット、そして各社から出ている格安スマホとサービスの概要をまとめました。

みなさん、月額料金が月3000円程度で押さえられるスマホがあるってご存知ですか?
それが最近話題になっている格安スマホ。

今まで、スマホを買うといえば大手3キャリアしか頭になかった私ですが、実は利用の仕方によっては、3キャリアで契約するよりもスマホがもっとお得に使えるそう。以前イオンの格安スマホが発売された時は話題になりましたが、それ以外にもビックカメラやAmazon、ヨドバシカメラなどいろいろな会社が販売しています。

お得にスマホが使える方法があるならぜひ知りたい! ということで、さっそく調べてみました。そもそも格安スマホって普通のキャリアのスマホと何が違うのでしょう? というギモンから探ってみましょー!

 

格安スマホは〇〇だから安い!

通常のスマホは7000円~1万円前後の月額料金で利用ができますが、格安スマホはそのほとんどが月額3000円台。中には1000円台で使える端末も。なぜそんなに安くできるのでしょうか?

まずスマホ本体が低価格だから。
型落ちのモデルを使ったり、価格の安いスマートフォンを使うことで、このような低額料金を実現しています。

次に、格安SIMを利用しているというのもお得な理由。
格安SIMとは、プロバイダーなどの通信事業者や家電量販店などが販売しているLTE/3G通信サービスのこと。この格安SIMは大手キャリアのネットワークを借りてサービスを提供しているので、エリアが狭いという心配もありません。格安SIMをスマホに挿入することによって、大手3キャリアのようにLTE/3Gで通信ができるようになります。

これらの低価格端末+格安SIMをセット販売することでお得な料金を実現しているのです。
しかし、安いからにはデメリットもあるのでは…?

いま人気の動画

     

人気記事ランキング