暑さ対策は万全に!

冷たい飲み物を買っても、ハンディタイプの扇風機を使っても、暑さが和らぎそうにない今年の夏。体調管理のためにも、保冷剤を用意しておくのはおすすめです!

人が密集する花火大会の会場は、想像以上の熱気です。男性は、女性よりも暑がりなのだとか。保冷剤で冷やしてあげれば、彼にも喜ばれるかも。せっかく気になる彼との花火ですから、事前の準備で対応できるものには対応しましょう。保冷剤があれば、暑さによるイライラも回避できます!

浴衣で雰囲気を変えるなら

気になる彼に、普段とは違う姿を見せたいと、浴衣を着て花火大会に行くという人もいますよね。浴衣は、着物に比べて着崩れしやすいものです。

普段から着物や浴衣を着慣れていない人は、着崩れたときに備え、着付けの仕方、着崩れたときの直し方の動画を事前チェックしておくと安心です。

新調した浴衣に、買ったばかりの下駄を履くという人は要注意。下駄の鼻緒が擦れると、泣きたくなるくらい痛いのです! 筆者の経験では、靴擦れなんて比べ物にならないくらい痛い。絆創膏は必ず持ち歩きましょう。

また、浴衣ではなく、夏の着物を着れば、浴衣とは全く違う雰囲気が出せるのでおすすめです。周囲の女性と差がつくのは間違いありません! 今年は、夏の着物で勝負してみるのもいいかもしれませんね!

気になる彼と行く花火大会、楽しい時間を過ごすために、今回ご紹介したポイントを参考にしてみてはいかがでしょうか?

参考 株式会社オーネット「独身男女の花火大会に関する行動調査」

大学院卒業後、銀座のクラブホステスになるという異色の経歴の持ち主。「銀ホスライター」として、老舗クラブで磨いたコミュニケーション術&営業テクニックを、悩めるビジネスパーソンに向けて紹介。恋愛・結婚・出産など、女性にとって身近な問題を研究し「今よりちょっとだけ人生を豊かにする方法」を提案しています。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます