恋って苦しいですよね。あの人はいったい私をどう思っているのだろう。好きなのかな、それとも……。

ちょっと待ってください。あの人があなたのことを好きなのかどうかより「どう思っているのか」のほうが、片思いの場合は重要!

彼の恋愛対象内か対象外なのか、まずは自分がどの位置にいるか確かめましょう。自分の位置=彼の気持ちです。対策はそれから立てましょう。

彼の「好きなタイプ」はあてにならない

人づてに聞いた「彼の好きなタイプ」は伝言ゲーム的な適当な嘘が混じっているため、全くあてにならないことが多いです。

本人に聞いたものでも、聞かれた相手に気を使って、本当の好みを言わない場合があるのであてになりません。

好みはその日やその場によって変わってくるものです。つまり、好きなタイプなんてあってないようなものだから安心して。

彼の恋愛対象内か対象外かを確かめる方法

段階を踏んで仲良くなりましょう。まず知人や知り合いになります。

知人から友達になれるか?:1.LINEを送ってみる

LINEを「なにか用事があれば送る」ということで、用もなく送ることではありません。

同じように返事が返ってきたりスルーがなければ、友達の位置。返ってこなかったり、テンションが低いようなら知人の位置です。絵文字やスタンプも同じ量がある。同じテンションなら友達の位置です。

知人の位置は

  • 絵文字、スタンプがない。こちらが送っても彼からないようなら、同調しようとしていないから知人。
  • 雑談があまりない。こちらのことを知りたがらない、反対に彼自身が自分のことを開示しないなら知人。

となります。つまり知人は恋愛対象外ということです。

対象内でも対象外(友達でも知人)でも、仲良くなることを目指しましょう。

まずは彼に何か相談してみること。彼の得意分野で、答えやすいものがベスト。それでテンションを上げて行きます。その際、LINEをたたみかけるように送り続けたり、好き好きアピールはしないこと。相手が勘づいて逃げてしまう場合があります。

友達の位置なら:2.食事に誘ってみる

食事に誘ってみて、彼が「行こう」と喜んだり「調整するね」と乗り気なら、あなたともっと仲良くなりたいと思っています。つまり、誘ってOKなら恋愛対象内です。

彼が自発的に「行こう」と誘ってきたら「もっと仲良くなりたい」と思っているはず。食事する友達以上になりたい証拠です。

しかし、モテたいだけの場合があることと「食事に行く友達以上=恋人」という訳でもないので注意です。でも恋には近いです。

また、ヒマつぶしの場合も。それでも友達か、その上の位置ですが。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます