【TDS】思わずニヤリ! ディズニーシーの街並みに隠された「正反対の事柄を並べるジョーク」3つ

2014.12.21 10:30

19世紀初頭のニューヨークの街並みが再現されている、東京ディズニーシーのアメリカンウォーターフロントの街並みには、思わずニヤリとさせられるジョークが隠されています。ツウ好みのマニアックなトリビアを3つ紹介します。

©Disney

19世紀初頭のニューヨークの街並みが再現されている、東京ディズニーシーのアメリカンウォーターフロントの街並み。

美しいその姿だけでなく、実は見方によっては、思わずニヤリとさせられるジョークが隠されている事も……。

今回はそんなシュールなジョークを、3つご紹介します。

 

1. 「高級毛皮店」のビルに、野生動物保護団体の事務所が同居

©Disney

古き良き時代の街並みが再現されたこのエリアには、当時の様々な様子が再現されているだけでなく、人間味のあふれる物語が隠れています。

東京ディズニーシーに入って、左手方向に進むと、「マクダックス・デパートメントストア」があります。向かって左側の通り、ブロードウェイに面した、右側の建物を見てください。

 

©Disney

ここには様々なショップ等が並んでいるのですが、あるショップのショーウインドウには「COUTURE FURRIER(高級毛皮店)」と書かれています。

なるほど、高そうな毛皮が並んでいますね。

 

©Disney

そして同じ建物の2階には、3つの窓が並んでおり、真ん中は「TAXIDERMIST(剥製屋)」、そして3階のウインドウには「TOPPERS AND WIGS(かつら)」と書かれています。

しかし、2階の一番右側のウインドウを見てみると……ここには「PRESERVING WILDLIFE(野生動物保護団体)」が入っています。

 

©Disney

これは「野生動物保護団体」が入っているビルの中に、動物を使った毛皮や剥製、かつらのショップが一緒に入っているという、なんとも皮肉なお話。

ひとつひとつの看板はよくある風景なのですが、こうして並べてみると、実はこんな見方もできるのですね。

「ディズニー特集 -ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます

いま人気のディズニー動画

     

人気記事ランキング

ソーシャルアカウント