付き合う前はあんなに一生懸命になってくれたのに、付き合った途端テンションダウン。

「せっかく付き合ったのに、ぜんぜん大切にしてくれない。これじゃ詐欺とおんなじ!」とがっかりしている女性は多いでしょう。これには対処法はあるのでしょうか?

また、彼は以前のように情熱的になってくれるのでしょうか?

今回はそんな「釣った魚(彼女)にエサをやらない男」について解説したいと思います。

「釣った彼女にエサをやらない男」の特徴

「エサをやらない」とは、彼女への優しい態度や心遣いがなくなった、情熱が失われた、放っておかれている、甘い言葉を言ってくれなくなった。なんだか厳しくなった……という行動を指します。

1. 面倒くさがり

面倒くさがりなのに、彼女をゲットするために無理をして頑張っていた場合、反動でエサをやらなくなります。

恋愛感情というものは、限界まで頑張ってしまうものです。ほとんどの男性がこのタイプでしょう。ゲットしてホッとしたので「もう面倒なことはやめた」もこのタイプです。

2. 飽きっぽい

彼女をすぐゲットできた。人は欲しかったものが簡単に手に入ると、すぐに飽きて「もういいや」と思います。

3.カッコつけていただけ

「彼女にマメに尽くすのはマナーだ」とカッコつけていたけれど、もともとそういう性格ではないので続かない。

最初はよく思われたいので頑張るけれど、ゲットしてしまえばどう思われてもかまわない。こっちのもの。そんな考えです。

また、性格的なものではなく、原因が存在することもあります。

原因は?

1.仕事や環境が大きく変わった

付き合った時期にちょうど仕事が忙しくなったり、異動ということもあるでしょう。そんな場合は時間も気持ちの余裕もなくなり、彼女どころではないということも。

2.自分を犠牲にしたので通常に戻りたい

プライベートタイムや趣味を楽しむ時間を削ったのなら、早く元の生活リズムに戻って自分の時間を確保したいと思うでしょう。

筆者の知人女性は「いつまで頑張ればいいの? 俺も自分のことがしたいんだけど」いきなり彼に言われ「マメなのは頑張っていたからなんだ」と驚いたそうです。

3. 他に気になる女性があらわれた場合

あまりないパターンですが「いいな」と思う女性が出現すると、一番好きな人にしかエサはやれないので、彼女に手が回らなくなる。優しくできなくなります。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます