“いい男”とは性格のいい男で、なおかつ素敵な男です。イケメンで仕事ができる。それもいい男ですが、今回は表面的ないい男ではなく根本的な部分での“いい男”について考えてみたいと思います。

次の3つのポイントでチェックしてみてくださいね。

根本的な部分のチェックリスト

1.仕事に一生懸命でいるか

「仕事なんていやだ、あほらしい」「会社を辞めて気楽に生きたい」などと言っている男は論外ですが、逆に「いつか会社を興す」と言っている男性もいい男ではありません。

“夢のある男”と勘違いしがちですが、実行に移しそうもないなら口だけ男です。

また、「いかに自分はラクに仕事をしているか」などの「ラクな仕事で稼げて勝ち組」自慢もNGです。仕事に対し一生懸命さがあるかどうかがポイントです。

仕事は生活・人生に直結していること。また、意欲やアイデンティティにもかかわってくる大切なものです。

仕事にプライドを持っている・熱心であり意欲的だ・向上心があるかどうかがチェックポイントです。

2.言葉と行動が一致しているか

たとえば「疲れたから週末は家にいる」と言ってたのに、不在でつかまらない……ようなものから、仲良くしている人の悪口を言ったりする。「今度旅行に行こうよ」と言うくせに行かない。このような人はその場限りの言葉を言う人で、口から出まかせが出るタイプ。

言葉と行動の一致は誠実さと関係するので、一致しない人は不誠実ということです。いい男は小さなことでもきちんと一致しています。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます