ソフトバンクモバイル、NEXCO東日本/西日本のSA・PAで「ソフトバンクWi-Fiスポット」を順次展開

2012.2.2 17:1配信
「ソフトバンクWi-Fiスポット」が利用できるスポットに掲示するステッカー

ソフトバンクモバイルは、2月1日、ソフトバンクテレコムの協力の下、東日本高速道路(NEXCO東日本)、西日本高速道路(NEXCO西日本)が管理するすべてのサービスエリア(SA)とパーキングエリア(PA)の施設内で、公衆無線LANサービス「ソフトバンクWi-Fiスポット」を展開すると発表した。

NEXCO東日本が管理するSA・PAでは、すでに61か所のSA・PAで「ソフトバンクWi-Fiスポット」を提供しているが、2012年3月末までに、首都圏・東北道を中心に約120か所に拡大する。さらに、2012年秋頃までに、トイレ施設だけで店舗がないエリアなどを除く、すべてのSA・PAへ展開していく。

NEXCO西日本では、現在、山陽自動車道 吉備SA(上り線)と九州自動車道 基山PA(下り線)の2か所しか利用できないが、同様に2012年秋頃までに、トイレ施設だけで店舗がないエリアなどを除く、すべてのSA・PAへ展開する。なお、利用できるSSID(ESSID)は「0001softbank」となる。

「ソフトバンクWi-Fiスポット」は、駅や空港、カフェなど、全国14万か所以上のアクセスポイント(Wi-Fiスポット)で、無線LAN経由で高速データ通信ができる公衆無線LANサービス。iPhoneを含むスマートフォン、iPad、「ケータイWi-Fi」対応の携帯電話から利用できる。機種を問わず、フラット型パケット定額サービス加入者は無料で利用でき、2段型パケット定額サービスの契約者も、2013年3月末まで実施する2年間無料キャンペーンに申し込めば、申し込みから2年間、無料で利用できる。「ソフトバンクWi-Fiスポット」のサービス提供エリアの詳細や設定方法などは、ウェブサイトで紹介している。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング