KDDI、最新機種への買替えをサポート、最大7か月の分割支払金残額を無料に

2015.1.20 19:17配信
「アップグレードプログラム」のイメージ

KDDIは、指定のau携帯電話を18か月以上利用しているユーザーを対象に、最新機種に機種変更した場合、分割支払金の残額を無料にする「アップグレードプログラム」を2月6日に開始する。

指定機種を購入した際、税別月額300円の「アップグレードプログラム」に加入し、機種代金を割賦契約(24か月)した場合が対象となる。指定機種を18か月間利用した後、新機種に変更する際、それまで利用していた端末の分割支払金残額を無料にする。サービス開始時の対象機種はiPhone 6/6 Plusと、INFOBAR A03/AQUOS SERIE mini SHV31。

最大7か月分の分割支払い残金をauが負担するので、最新機種への買替えがしやすくなる。なお、機種変更後も「アップグレードプログラム」に継続して加入する必要がある。分割支払金の残額無料の権利は19か月目から生じるが、分割支払いが終了する25か月目までに機種変更した場合、権利が生じてから行使するまでの月数分のプログラム料は返金する。権利を行使せずに機種変更した場合や、分割支払い終了後の26か月以降に機種変更をした場合は、プログラム料を全額返金する。

このほか、小学生以下の子どもが対象の「ジュニアスマートフォンプラン」では、「アップグレードプログラム (ジュニア)」を無料特典として、1月下旬から先行して付与する。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング