男性にホンネを直撃! 「友達止まりの女」と「本命」の違いって?

意中の相手と仲良くなっても、一度「女友達」認定されてしまうと、その後の本命昇格は難しいもの。では、どんな女性が本命になれて、逆にどんな女性が友達止まりになってしまうのでしょうか。男性に話を聞いたところ、両者には意外な差がありました。

意中の相手と仲良くなっても、一度「女友達」認定されてしまうと、その後の本命昇格は難しいもの。では、どんな女性が本命になれて、逆にどんな女性が友達止まりになってしまうのでしょうか。男性に話を聞いたところ、両者には意外な差がありました。

 

1 会話は楽しいけどややお喋り

「どちらも『話していると楽しくて盛り上がる』ことには変わりないのですが、女友達で終わる女性は“話す量”が多いような気がします。失礼な話、女性というより、オバちゃんっぽく感じるんですよね……」(33歳/クリエイティブディレクター)

自分の話す量をいかに調整するか、さじ加減は難しいところですが、たくさん喋りながらも男性側に「で、あなたはどうなの?」と話を振ることが大事。また、たとえそれが面白い話であっても、自分語りが多すぎると、男性は「この人のことをもっと知りたい」という気持ちをなくしてしまいます。

 

2基本的に受け身

「昔は受け身な子のほうがおしとやかでいいなと思っていましたが、最近は積極的に攻めてくる子のほうが好みです。主体的な子のほうが付き合っていて楽しいし、長く一緒にいて飽きないと思うので。自分からいろいろ提案するのは疲れました(笑)」(30歳/広告)

「受け身≒従順」な意味合いがありますし、やはり男性側がリードしたいのかと思いきや、そうとも限らないようです。とはいえ、男性以上にオトコらしく仕切ったり、女性らしさがゼロになったりしないよう、“受け”と“攻め”とのバランスを考える女性が本命になれるのでしょう。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング