「チャラ男」に引っかかってしまうなんて時間の無駄!そんなことは分かっているのに。気をつけていたのにうっかり……というときがあります。

一体それはどんなときなのでしょう? それが分かればもっと気をつけることができるはず。

今回は、チャラ男に騙されやすくなってしまう状況について解説していきたいと思います。

1. 忠告者がいないとき

コミュニティに知っている人がいなくて、自分ひとりの場合。サークルに参加したばかりで誰も知りあいがいない。新しい場所で、転職したばかりの職場で、チャラ男が声をかけてきた……など、チャラ男らしき相手がどんな男性が調べることができない場合です。耳が早い女友達や忠告者がいないと、分かりづらいですよね。

忠告者とはいろいろと新入りに教えてくれたり、周りの人間関係を熟知している人です。同年代の女友達は、たまにおせっかいなときがありますが「あの人チャラ男だから」「気をつけて」と教えてくれます。

やっぱり、チャラ男と自分の周りにこのような人たちがいないと危険です。

2.失恋直後

「男で傷ついた心をいやすには男」という言葉があるように、ライトなチャラ男と遊べば気が晴れる。それが失恋した心にはちょうどいい感じ……と、思いがち。

たしかに害はそんなになさそうですが、傷ついた心に入り込まれてしまいそう。好きになってしまう危険性が大です。

3.彼が浮気したとき

彼への報復として、わかりやすいチャラ男で浮気。真面目な男性は深入りされると怖いので避けますが、チャラ男ならば本気にならないし、目的の報復が終わったらすぐに切ることができるだろう。と考えてしまいます。

しかし、そんなことは分かりません。どちらかが本気になってしまって泥沼に……ということだってあるかもしれません。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます