休みが合わなくても大丈夫! すれ違いばかりの恋人とうまく付き合うコツ

お互いの休みが合わなかったりなど、仕事が原因で恋人との仲がこじれてしまったことはありませんか? 今回は、生活スタイルの違う恋人と、極力すれ違いを防ぎながら仲良く付き合っていくためのコツをご紹介します。

好きな人と仕事の違いで、関係がこじれてしまったことはありませんか?同じ職種なら仕事を通じて話が弾みやすく、休みの日も一致しやすくてデートもしやすいもの。

でも、一生懸命やっている仕事が原因で、恋人と上手くいかなくなってしまうのは、ちょっと寂しいですよね。本当に好きな相手なら相手の仕事を応援してあげたり、デートする日もなんとか都合をつけたいと思うものです。

それでも極力すれ違いを防ぎながら、生活スタイルが違う恋人と仲良く付き合っていくには、どんなことに気をつければいいのでしょうか。

 

仕事が違うと恋愛は上手くいきづらいもの?

そもそも相手と仕事が違うと、どんな不都合があるのでしょう?考えられることは、まず仕事の苦労を共有しにくいということ。また、「こっちは土日休みだけど相手は平日休み」といった、予定が合いづらいことが考えられそうです。

なかには「私はアウトドア派だけど、彼は完全にインドア」といった違いで、不満を感じている男女もいるかもしれません。とはいえ生活スタイルが違ったところで、何ら苦なく付き合っているカップルも多いもの。

実際のところ生活スタイルの違いは、ふたりの関係にそれほど大きな影響をもたらすのでしょうか。これまで4万件以上の恋愛相談を受けてきた恋愛アドバイザーのマーチンさんにご意見を伺ってみました。

「よく『片方が折れるしかない』『要は相手の生活スタイルに合わせられるかどうか』という意見がありますが、僕はどこか違和感を覚えます。というのは、好きで付き合っているならば、合わせようとして合わせなくても、会いたくて会うようになるからです」

マーチンさんいわく、生活スタイルが違っても「相手に会いたい」という気持ちが本当の愛情とのこと。確かに好きな気持ちが本物なら、相手のために時間の都合をつけたり、相手のために尽くそうと思いますよね。「そういった関係を築ける相手と付き合うことが大事」とマーチンさんはアドバイスをします。

「表現からくる細やかな気持ちの話になりますが、『合わせる』という言葉には、『本当は合わせたくないのに』という気持ちが見えますよね。自分も自由にしたいとか、そういう感じが見えるのです。ですので、『会いたいと思っている人と付き合う』という前提で考えることが必要だと感じます」

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます

いま人気の動画

     

人気記事ランキング

ソーシャルアカウント