撮影:中村卓

最新フルアルバム『KAI・TAI・SHIN・SHO』をリリース、ツアー『ANIMANIA』で全国をまわり、先日9月1日には日比谷野外大音楽堂にてキャリア3度目のワンマン公演を行ったBugLug。

アルバム『KAI・TAI・SHIN・SHO』の出来も素晴らしかった。そして、過去2度行ってきた今までの野音のワンマンも、いずれも素晴らしい出来だった。

だからこそ、今回3度目のBugLugの野音ワンマンについて、筆者は実は少し心配する部分もあった。つまり、3度目の野音ワンマンに対して、周囲から期待されすぎる部分が大きく、気負いすぎてしまうのではないかと。

しかし、当日のライブを観て、BugLugに関してはそのような心配は無用であることを、心底実感した。

荒天の中でも笑顔の幕開け

9月1日は、前日から降水確率60%との予報で、雨天の野外ライブになるだろうことが予想されていた。開演時にはギリギリ曇天といえる天気だったが、18:00開演時間になると、たくさんの雨雲が日比谷の上に集まってくる……。

オープニングムービーでは、メンバーが真剣にワンマンについての意気込みを語っている……かと思いきや、語っていたのは「幕の内弁当」についてだった、というギミックをかましつつ、1曲目『(●Θ●)』へ。

この時点で、待ち構えていたように大粒の雨がポツポツ降り出してくる。そして『Die s Kill』の演奏が始まった瞬間にザーザー降りに! まるでライブスタートを待ったかのようなタイミングに、ちょっと笑えてくる。

ステージも客席も瞬間にびしょ濡れになったのに「雨やべえな! でも、それを跳ね飛ばすくらいの気力を見せてこい!!」という一聖の激励を聞いて、客席が奮い立つ。

 “ヴィジュアル系”という形容詞も形無しなくらいの冗談みたいなびしょ濡れなのに、メンバー全員もう笑っちゃっているのがBugLugらしい。『KAIBUTSU』では雨の中頭を振り回すファンに向かって一聖が「雨粒を飛ばしながら頭振ってんの、いいね!」と笑顔。

一聖(Vo) 撮影:中村卓

『-7-』では全員水浸しの中、手拍子・シンガロングを全力でこなすファンたち。雨の中で音も光も拡散されてしまっているはずなのだが、不思議とよく響いてくる。宵闇の中で、カラフルなライトが効果的に踊る。

なぜかMCに入ると雨が止むなど、天候を逆味方に付けたような状況でありつつも、「雨もオレらの力になる!」と一聖が宣言。客席全員が『アリゲイターjr』で披露した濡れ髪での全力ヘドバンも、雨の日比谷を印象的に彩っていた。

撮影:中村卓

また降り出した大粒の雨の中、エモーショナルに響かせた『Heroin』、曲後に風が吹いたり、スモークと相俟って空気感をいつも以上に感じた『神隠し』、完全な暗闇になった中久しぶりの『Live to Love』……。

聴かせるパートも、雨の中でも注意力を逸らすことなくしっかり聴かせにかかったBugLugに、天候や太陽の光さえも彼らに味方しているように錯覚される。もちろん、計算し尽くされた演出やライティングのおかげだとは知りつつも。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます