【TDL】実は大規模&こだわり多いアトラクション!「カリブの海賊」がもっと楽しくなる雑学10

2015.2.22 10:30

大混雑中の東京ディズニーランド(TDL)のなかでも、比較的乗りやすい「カリブの海賊」。実は、かなり規模の大きなアトラクションであり、さまざまなこだわりも隠されています。

©Disney

数あるアトラクションの中で、その施設の見た目に比較して、実はかなり規模が大きいのが、東京ディズニーランドのアドベンチャーランドにある「カリブの海賊」。

いつでも空いているイメージの同アトラクションですが、実は細かなこだわりが満載!

10の隠れた見どころをご紹介します。

 

(1)ウォルトディズニーの遺作アトラクション。カリブ海で暴れていた海賊がモデル

©Disney

「カリブの海賊」は、カリブ海沿岸で17世紀から19世紀にかけて暴れていた海賊たちがモデルとなったアトラクション。

ウォルトディズニー自身が設計に関わったものとしては、最後のアトラクションとしても有名です。

しかし残念ながら彼は完成を待たずにこの世を去ってしまったため、ウォルト遺作とも言えるアトラクションなのです。

詳細記事 - 【TDL】ウォルト・ディズニーの遺産「オーディオアニマトロニクス」が使われているアトラクション4つ

ゲストは船着き場からボートに乗って出発。

海の上で大砲を打ち合う海賊や、街中では放火や略奪と、悪行の限りを尽くす海賊の姿を見ながら進みます。

荒くれ者の海賊が大暴れするこのアトラクションですが、ユーモラスでなんとなく憎めない海賊たち。人間味あふれる雰囲気とリアルな動きについ微笑んでしまうイメージもありますよね。

 

©Disney

ディズニーランドのグランドオープンから存在するアトラクションですが、このアトラクションが元になって製作されたディズニー映画『パイレーツ・オブ・カリビアン』の公開後、2007年7月にリニューアル。

映画の登場人物で大人気の「ジャック・スパロウ」や「バルボッサ」、「デイヴィ・ジョーンズ」等、映画に登場の海賊達が登場します。 

「ディズニー特集 -ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます

いま人気のディズニー動画

     

人気記事ランキング

ソーシャルアカウント