【実写映画『シンデレラ』レビュー】パーフェクト。今後「ディズニーのシンデレラ」と言えばこの作品を指すようになる

2015.2.28 10:30

ディズニーから、2015年4月25日(土)に全国公開される、実写映画『シンデレラ』。試写会で作品本編を鑑賞してのレビューをお届けします。親が、子どもに見せたくなる「珠玉の名作」に仕上がっています。

© 2015 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

ディズニーから、2015年4月25日(土)に全国公開される、実写映画『シンデレラ』。

試写会で作品本編を鑑賞してのレビューをお届けします。

親が、子どもに見せたくなる「珠玉の名作」に仕上がっています。

 

なぜ、今さら『シンデレラ』をリメイクするのか?

シンデレラと言えば、ディズニーで最も有名なおとぎ話の一つであり、また、最も愛されてきたキャラクターの一人でもある。

間もなく公開されると聞いて、楽しみにしているディズニーファンも多いだろう。

が、同じくらい……いや、それ以上に、「なぜ今、シンデレラなのか?」と、首を傾げる人が多いはずだ。

シンデレラは有名だ。が、あまりに有名すぎる物語が、逆に足枷になる。

誰もが知っていて、ストーリーも結末も、観る前から明確である物語を、今さらディズニーはどうしようと言うのだろうか。

 

ディズニー、3つの選択肢

ディズニーには、3つの選択肢がある。

1つ目は、『マレフィセント』路線だ。『眠れる森の美女』という、これまた誰もが知る物語を、斬新に解釈しなおし、私たちに驚きと感動をもたらした。

だが、ディズニーは、今回の『シンデレラ』を「ディズニー・ラブストーリーの原点にして頂点」と、プロモーションしている。

どうやら、古典的なシンデレラ像はそのままに、勝負するつもりらしい。

何より、シンデレラ像の、『マレフィセント』的(斬新な)解釈のしなおしは、一足早く公開される『イントゥ・ザ・ウッズ』(2015年3月14日公開)で行われている。

D*MANIA - 【ディズニー映画】シンデレラやラプンツェルの“ハッピーエンドのその後”を描く! 『イントゥ・ザ・ウッズ』徹底紹介

2つ目は、“無策に討ち死に” 路線だ。

単に、『シンデレラ』の知名度に乗っかって、「実写化すれば話題になるだろう」程度に考えている可能性はないだろうか。

3つ目は、そのどちらでもない「新しい何か」だ。

つまり、物語は古典的『シンデレラ』でありながら、観る私たちを驚かせ、有無を言わさず納得させてしまうような、想像のつかない神業を、ディズニーは成し遂げているかもしれない。

「ディズニー特集 -ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます

いま人気のディズニー動画

     

人気記事ランキング

ソーシャルアカウント