【TDS】シャドウ・オブ・シリキ終了間近! タワー・オブ・テラーがもっと恐くなる「呪いの偶像」5つの雑学

2015.3.9 10:30

東京ディズニーシー(TDS)で、期間限定(3/20まで)で開催中の「タワー・オブ・テラーLevel13 “シャドウ・オブ・シリキ”」。そのタイトルのとおり、物語に大きな存在感を示す奇妙な偶像 “シリキ・ウトゥンドゥ” に隠された、5つの秘密をご紹介します。

©Disney

時は1899年。

大富豪で探検家のハリソン・ハイタワー三世は、世界中から美術品や骨董品を集め、このホテルハイタワーに運び込んでいました。

そんな彼が持ち帰った奇妙な偶像のひとつが、“シリキ・ウトゥンドゥ”。

ハイタワー三世は、この呪いの偶像によって、エレベーターに帽子と偶像だけを残して、行方不明となってしまいます。

そして現在、東京ディズニーシーで期間限定(2015年1月6日から3月20日まで)で開催中の「タワー・オブ・テラーLevel13“シャドウ・オブ・シリキ”」。

そのタイトル通り、偶像 “シリキ・ウトゥンドゥ” の怪しい影が見え隠れしています。

特別版の詳細レポートはこちら。

D*MANIA - 【TDS速報】大小7回落下! タワー・オブ・テラー新イベント「LEVEL13 “シャドウ・オブ・シリキ”」新要素まとめ

今回は「タワー・オブ・テラーLevel13“シャドウ・オブ・シリキ”」をより楽しむため、“シリキ・ウトゥンドゥ” に隠された秘密をご紹介します。

 

1. 像が作られてから推定で300年以上が経過している!

呪いの偶像 “シリキ・ウトゥンドゥ” はそれほど大きい訳ではなく、見た目もそれほど恐ろしい雰囲気ではありません。

しかしながら、ハイタワー三世がこの像を略奪した部族の周辺の、別の部族の話によると、ハイタワー三世が失踪した1899年時点で、300年以上も前に作られたという言い伝えが残されています。

さらに、現代から考えると、400年以上も経っているという事になるのですね。

「ディズニー特集 -ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます

いま人気のディズニー動画

     

人気記事ランキング

ソーシャルアカウント