スタインバーグのUSBオーディオI/F、4イン2アウトのDSPミキサー搭載

2015.3.12 12:27配信
UR242

ヤマハミュージックジャパンは、独スタインバーグとヤマハが共同開発した、「スタインバーグ」ブランドのUSBオーディオインターフェース「UR242」を、3月下旬に発売する。価格はオープンで、税別の実勢価格は2万円前後の見込み。

4イン2アウトのDSPミキサーを搭載し、24ビット/192kHzに対応したiPad/Windows/Macで動作するUSBオーディオインターフェース。

本体前面の入力部には、高品位マイクプリアンプ「D-Pre」×2基を備え、PADを搭載しているので高感度マイクや大出力のライン機器など、幅広い入力ソースに対応する。TRSとXLRどちらでも使用できるコンボジャックを採用し、Ch1のTRS入力はHi-Z切り換えに対応しているので、エレキギターやベースをダイレクトに接続できる。

背面には、TRS入力×2基、TRS出力×2基、MIDI入出力を備えているので、シンセサイザーなどのMIDI楽器やパワードスピーカーを接続した本格的な音楽環境の構築を実現する。

DSPエフェクトは、上位機種でも採用しているリバーブ「REV-X」、チャンネルストリップ「Sweet Spot Morphing Channel Strip」、ギターアンプ「Guitar Amp Classics」を搭載している。レコーディング時に遅れを感じないモニタリング環境で使えるほか、同じエフェクトのVST3版も用意しているので、レコーディング後のミキシング時も、レコーディング時と同様の設定でエフェクト処理ができる。

このほか、本体に入力したオーディオ信号とPCで再生しているオーディオ信号を2チャンネルにミックスして、PC経由でインターネットに配信できる「ループバック機能」を備えるとともに、Windows/Mac対応のデジタルオーディオワークステーションソフト「Cubase AI」のダウンロード版が付属している。対応OSは、Windows 8.1/8/7(SP1以降)、Mac OS X 10.10/10.9.x/10.8.x/10.7.5。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング