ASUS、原音を忠実に再生できるハイレゾ&DSD対応USB DAC 3機種

2015.3.24 13:27配信
Essence III

ASUSTeK Computer(ASUS)は3月20日、PCのデジタル信号をアンプやヘッドホンに出力するUSB DAC(digital to analog converter)、「Essence III」「Essence One MKII」「Essence One MKII MUSES Edition」の3機種を発売した。価格はオープン。DSD(Direct Stream Digital)フォーマットの再生に対応するのが特徴。

最上位モデルの「Essence III」は、限りなく原音を忠実に出力でき、DSDは5.6MHzと2.8MHz、リニアPCMのハイレゾ音源は192kHz/24bitまで対応する。インターフェースは、入力端子がS/P DIF(角型)×1、S/P DIF(同軸)×1、USB×1、XLR(AES/EBU)×1、AUX Phone×1、出力端子がXLR×2、RCA×2、miniXLR×2、6.3mmステレオ標準ジャック×1を備える。税込実勢価格は25万円前後。

「Essence One MKII」は、従来機種「Xonar Essence One」にDSDへの対応を追加した下位モデル。サンプリングレートの変更が可能な、8倍整数倍アップサンプリング機能を搭載し、元データのサンプリングレートを最大8倍までアップサンプリングすることによって、より奥行きのある豊かな音質を楽しめる。DSDは2.8MHz、リニアPCMのハイレゾ音源は192kHz/24bitまで対応する。インターフェースは、入力端子がS/P DIF(角型)×1、S/P DIF(同軸)×1、USB×1、出力端子がXLR×2、RCA×2、6.3mmステレオ標準ジャック×1を備える。税込の実勢価格は11万円前後。

「Essence One MKII MUSES Edition」は、「Essence One MKII」のバリエーションモデル。音質に大きく影響するI/V変換部分と、ローパスフィルター部分のオペアンプを、「Essence One MKII」で採用しているTexas Instrumentsの「NE5532P」から、多くのオーディオファンから愛されている新日本無線の「MUSES 01」に変更しており、「Essence One MKII」とはひと味違うサウンドを楽しめる。なお、「Essence One MKII」との違いはオペアンプだけで、対応ハイレゾフォーマットやインターフェースなど、他の仕様は同じ。税込の実勢価格は14万5000円前後。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング