エレコム、独創的なフォルムを採用したハイレゾ対応ヘッドホン

2015.4.16 17:11配信
「EHP-CH3000シリーズ」(左)と「EHP-CH3000Sシリーズ」

エレコムは、音質向上機能を搭載し、独創的なフォルムを採用したハイレゾ音源対応ステレオヘッドホンとして、ヘッドホン単体モデル「EHP-CH3000シリーズ」と、マイクつきモデル「EHP-CH3000Sシリーズ」の2機種を、4月下旬に発売する。カラーは、ブラック、カーキの2色。価格はどちらもオープン。

力強い低音と伸びやかな中高音を再現する直径12.5mmドライバーを採用。量感のある中域とクリアな高域を再生し、自然な拡がりと豊かな音場を実現する「テイジンテトロンフィルムMLF」を基材に、ラジアル構造のリブを設けた高剛性振動板を搭載しし、自然な拡がりと豊かな音場を実現した。

前置ネオジウムマグネットの採用によって、ダイヤフラムの振動スピードを加速し、より力強い低音を実現するとともに、ドライバー、ボールピース、マグネットを同軸上に配置し、低域から高域までのスムーズなレスポンスを実現する音孔構造「Magnetic Turbo Axial Port」を備える。

ドライバーケースとハウジングには、高剛性アルミ素材を採用し、不要な振動を抑制することで、振動膜からの音楽信号を忠実に再生し、堅牢性と軽量化を実現。奥行き2段階機構に対応した「デプスフィットイヤーキャップ」によって、密閉性が向上するとともに重低音を漏れなく再現する。

ケーブル長は1.2mで、取り回しやすくて絡まりにくく、耐性にも優れたラインケーブルを採用し、付属のコードキーパーで長さ調整や余分なコードをきれいにまとめられる。また、イヤーキャップは、内外の硬度を変えることで音質向上とフィット感を両立しており、3サイズが付属する。

税別の実勢価格は、「EHP-CH3000シリーズ」が1万4800円前後、「EHP-CH3000Sシリーズ」が1万5800円前後の見込み。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング