ドコモ、60歳以上が月額1520円引きになる「はじめてスマホ」キャンペーンを開始

2015.4.17 19:34配信
「シニアはじめてスマホ割」の割引き額(上)と割引額適用後の毎月の料金イメージ

NTTドコモは、60歳以上のドコモユーザーを対象に、スマートフォンの基本料金を最大2年間毎月1520円割引く「シニアはじめてスマホ割」と、「かんたんスマホ講座」1回分を無料で提供する「はじめてスマホ」キャンペーンを実施する。受付期間は4月24日から6月30日まで。

従来型携帯電話「ドコモケータイ」または「ドコモらくらくホン」を利用している60歳以上のユーザー向けキャンペーン。「シニアはじめてスマホ割」は、期間中に「Xi」対応のスマートフォンへ契約変更し、国内通話がかけ放題になる料金プラン「カケホーダイプラン」に申し込み、さらに、パケットパック「らくらくパック」「データパック(S/M/L)」「シェアパック10~30」のいずれかを申込むと、毎月の基本料金が最大2年間1520円割引きになる。

シェアパック子回線の場合は、月額3500円のところ、キャンペーンの割引きを適用することで、最大2年間月額1980円で利用できる。「らくらくパック」の場合は、月額4400円のところ、ドコモ利用年数が15年以上のユーザーは、最大2年間月額2880円で利用できる。

また、自宅にいながら遠隔でスマートフォンのマンツーマンレッスンを受けることができる1800円相当の講座「かんたんスマホ講座」を1回無料で受講できる。なお、「シニアはじめてスマホ割」の受付日から31日以内に予約が必要。予約は、「あんしん遠隔サポートセンター」(0120-783-360)で、午前9時~午後8時(年中無休)で受付ける。講座の対象機種は、2012年3月以降に発売したAndroid搭載機種。講座は約30分で、アプリの基本的な使い方やインターネットの使い方、カメラ・ビデオ機能でできることや撮影の仕方が学べる。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング