ソフトバンク、4G対応のプリペイド式スマホ「BLADE Q+」を4月24日に発売

2015.4.23 11:52配信
基本使用料が無料で、使いたい分の料金を前払いする「シンプルスタイル」専用スマートフォン

ソフトバンクモバイルは、プリペイド携帯電話「シンプルスタイル」専用のZTE製スマートフォン「BLADE Q+(ブレードキュープラス)」を4月24日に発売する。

基本使用料が無料で、使いたい分の料金を前払いする「シンプルスタイル」専用スマートフォン。900円の2日プラン、2700円の7日プラン、4980円の30日プランのなかから、自分の使い方に合ったデータプランを選び、使いたい時にチャージして使用する。通話料は、全国一律で6秒8.58円。「シンプルスタイル」としてはじめて、「SoftBank 4G」「SoftBank 4G LTE」に対応した。

854×480ドットの4.5インチ液晶ディスプレイ、約500万画素のメインカメラ、約200万画素のサブカメラを搭載。トリミングや傾き調整、ぼかし機能、手書き文字やテキスト入力などの写真編集に対応する。1.2GHzのクアッドコアCPUの高度な処理能力と、Android 4.4によるメモリの最適化によって、アプリケーションのアップデートをしながらブラウザを見るなどの作業がスムーズにできる。

このほか、Bluetooth Ver.4.0、Wi-Fiを搭載する。日本語、英語、中国語の3か国語の表示に対応し、海外からの旅行者や滞在者も使える。サイズは、幅約67×高さ132×厚さ10mmで、重さは約139g。持ちやすい形状で手になじむ。カラーはブラックとホワイト。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング