アイメイクをする上で、まつ毛ってとても重要ですよね。上向きまつ毛にしてマスカラもキレイに塗れたら、上品に目力アップ。

ただし、まつ毛メイクには健康的な自まつ毛が必要です。自まつ毛に元気がないと、まつ毛がきちんと上がらなかったり、マスカラを塗ってもボリュームが出なかったりします。

さらに、忙しいママはメイクに時間をかけられないこともありますよね。そんなとき、素のまつ毛が健康であれば、パパッとアイシャドウを塗るだけでも印象的な目元になります。

自まつ毛が健康的であると、「可愛い」に一歩近づけるのです! 自まつ毛ケアといえばまつ毛美容液を思い浮かべるかもしれませんが…意外と知らないケア方法、ご紹介します。

道具のお手入れをきちんとすること

まつ毛メイクに必須のビューラー。使ったらそのままにしていませんか? 実はそれ、まつ毛を傷める原因になってしまうのです…。

ビューラーのゴムは消耗品です。劣化したままのゴムでビューラーを使用していると、まつ毛が切れたり、抜けやすくなってしまったり。まつ毛トラブルのもとなのです。ゴムの真ん中にくっきりとラインが入ってしまうようになったら、ゴムを替えましょう

ただ、消耗品とはいえ長く使えた方が経済的ですよね。オススメなのは、1回使うごとにティッシュオフする方法。これだけで、ゴムの持ちも良くなります。わざわざ洗わなくてもOKなので、ぜひ習慣にしてみて。

NGクレンジングもダメージの原因に

メイクオフ時、マスカラが付着していても放置していませんか? まつ毛についたままのマスカラは、酸化してまつ毛を抜けやすくしてしまいます。目元のクレンジングはきちんと行った方が良いでしょう。

マスカラがなかなか落ちないという方は、ポイントメイク落としを使ってみて。コットンを下まぶたに当て、綿棒で優しくオフしてください。時短したい方は、お湯で落ちるタイプのマスカラを使用すると良いでしょう。メイクオフが格段に楽になります。

また、付けまつ毛を使用している方も要注意。そのまま引っ張って取ると、まつ毛が抜けてしまいます。専用のクレンジング剤で根元を柔らかくし、目尻から目頭の方へ向けて剥がしていきます。手前に引っ張るとまぶたの皮膚が伸びてしまうので、横方向に引っ張りましょう。

「ハピママ*」更新情報が受け取れます