ドコモ、厚さ6.7mmのスマートフォン「MEDIAS ES N-05D」を3月1日に発売

2012.2.28 15:46配信
MEDIAS ES N-05D(左からPink、White、Black)

NTTドコモは、「新世代MEDIAS」として、新サービス「スマートフォンあんしん遠隔サポート」に対応したNECカシオモバイルコミュニケーションズ製のスマートフォン「docomo with series MEDIAS ES(メディアス エクストラスリム) N-05D」を、3月1日に発売する。

厚さ6.7mmのフラットなスリムボディに、約4.3インチの高精細HD液晶ディスプレイ、1.5GHzの高速デュアルコアCPU、起動と撮影間隔が約0.7秒の「瞬撮」に対応する裏面照射型CMOSセンサ「Exmor R for mobile」採用の約810万画素カメラを搭載。IPX5/8の防水・IP5Xの防塵や、おサイフケータイ、ワンセグ、赤外線通信に加え、3月16日発売の次世代腕時計「G-SHOCK GB-6900」と連携する「G-SHOCK連携」などの便利な機能も備える。

OSはAndroid 2.3。カラーは、Pink、White、Blackの3色。サイズは、高さ130.0×幅67.0×厚さ6.7mm(最厚部約7.9mm)で、重さは約109g。バッテリ容量は1400mAh。

「スマートフォンあんしん遠隔サポート」は、ドコモのコールセンターのオペレータが端末の状態を確認しながら、遠隔で操作や設定を手伝うサービス。対象者は、FOMAまたはXiのサービスを契約しているプレミアクラブ会員・ビジネスプレミアクラブ会員で、別途申し込みが必要。料金は月額420円(パケット通信料別)。対応機種の「MEDIAS ES N-05D」の発売に合わせ、3月1日にサービスを開始する。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング