ドコモ2015年夏モデル3機種、スマートフォン2機種とガラケー1機種を発売

2015.6.16 16:24配信
Xperia A4 SO-04G

NTTドコモは、携帯電話の2015年夏モデルとして、ソニーモバイルコミュニケーションズのスマートフォン「Xperia A4 SO-04G」を6月18日に、富士通の従来型携帯電話「ARROWS ケータイ F-05G」とシャープのスマートフォン「AQUOS EVER SH-04G」を6月19日に発売する。

●コンパクトなスマートフォン「Xperia A4 SO-04G」

「Xperia A4 SO-04G」は、片手に収まるサイズと、丸みのあるラウンドフォルムで手のひらにフィットし、画面の隅々まで親指で操作しやすいコンパクトスマートフォン。

約2070万画素の高解像度カメラを搭載し、ワンタッチでカメラを起動できるカメラボタンで手軽に撮影が可能で、独自のブレ解析技術によるなめらかな動画撮影も楽しめる。

サウンド関連機能では、ハイレゾ音源の再生に対応し、「DSEE HX」によって既存の音源をハイレゾ相当の音質で聴くことができる。また、別売のノイズキャンセリング対応ヘッドセットと組み合わせれば、騒音の気になる場所でもクリアな音楽再生を楽しめる。さらに、迫力のある音楽再生を可能にするフロントステレオスピーカーを搭載する。

本体は、IPX5/8準拠の防水、IP6X準拠の防じん対応で、背面にはマットな質感の中にパール調のきらめきを加え、手に吸いつく陶器のような心地よい質感を実現した。

CPUにクアッドコアのMSM8974ACを採用し、4.6インチ液晶ディスプレイ(解像度720×1280)、2GBのメモリ、16GBのストレージ、約2070万画素/約220万画素のカメラを搭載する。対応メディアは最大128GBのmicroSDXCカード。OSはAndroid 5.0。

バッテリ駆動時間は、LTE時が連続待受で約620時間、連続通話で約990分、3G時が連続待受で約760時間、連続通話で約700分。サイズは幅66.0×高さ128.0×奥行き9.1mmで、重さは約129g。カラーは、Blue、Gray、Pink、Whiteの4色。

●大容量バッテリ&省電力技術で長時間使える「ARROWS ケータイ」

「ARROWS ケータイ F-05G」は、大容量バッテリと独自の省電力技術によって、長時間使用できる従来型携帯電話。

雑踏の中でも相手の声を聞きやすい「スーパーはっきりボイス4」と、年齢にあわせた聞きやすさにする「あわせるボイス2」、相手の声をゆっくり聞こえるようにする「ゆっくりボイス」、着信音と音声を大きくする「デカ機能」を搭載し、使いやすさを向上した。

画面表示では、最大60ドットの大きな文字表示が可能な「UDフォント」を採用するとともに、強い日差しの下でも画面を明るくする「最大輝度」モード、年齢にあわせて色味を補正する「あわせるビュー」を備える。

このほか、日本語入力システムには「ATOK」を採用しており、LINEや定番サイトのブックマーク、電話帳やスケジュールなどよく使う機能をワンタッチで呼び出せる「お気に入り機能ボタン」を搭載する。

本体は、手になじむフォルムで、手に取ったときに見やすいサブ液晶画面を備えるとともに、片手で開閉ができる。また、IPX5/8準拠の防水、IP5X準拠の防じんで、ワンセグや赤外線、Bluetooth 4.0など定番機能に対応する。

3.4インチ液晶ディスプレイ(解像度480×854)を搭載し、約810万画素/約810万画素のカメラを備える。対応メディアは最大32GBのmicroSDHCカード。

バッテリ駆動時間は、連続待受が約930時間、連続通話が約520分。サイズは幅51.0×高さ113.0×奥行き15.8mmで、重さは約129g。カラーは、Red、White、Blackの3色。

●こまめに節電して長時間のバッテリ駆動を実現「AQUOS EVER SH-04G」

「AQUOS EVER SH-04G」は、バッテリ消費に関する項目をまとめて省エネ設定することが可能な「エコ技」機能によって、本体の動作を細やかにコントロールして消費電力を抑え、長時間のバッテリ駆動を実現したスマートフォン。

VoLTEによって、よりクリアな音声通話に対応するとともに、大容量レシーバーで耳にあてる位置を気にすることなく、ストレスフリーな通話ができる。

カメラ機能は、薄暗い場所でもしっかり撮影可能な「NightCatch」、ガイドに合わせるだけでプロのような構図で撮影できる「フレーミングアドバイザー」、タイムラプス機能など、多彩な機能を搭載する。

このほか、ディスプレイには新開発のバックライト&カラーフィルター「S-PureLED」を採用することで色の再現性を向上した。また、ディスプレイ消灯時にタッチパネルを指でスライドするだけで表示できる「Sweep ON」や、直前に使ったアプリや必要な機能にすぐに切り替えられる「クイックランチャー」などを備える。

本体は、三辺の狭額縁で画面との一体感を生み出す「EDGEST」を採用し、大画面ながら片手に収まるサイズ感を実現する。IPX5/7準拠の防水対応で、「おサイフケータイ」も使える。

CPUにクアッドコアのMSM8926を採用し、5.0インチ液晶ディスプレイ(解像度720×1280)、メモリ2GB、16GBのストレージ、約1310万画素/約210万画素のカメラを搭載する。対応メディアは最大32GBのmicroSDHCカード。OSはAndroid 5.0。

バッテリ駆動時間は、LTE時が連続待受で約620時間、連続通話で約960分、3G時が連続待受で約710時間、連続通話で約910分。サイズは幅71.0×高さ133.0×奥行き9.7mmで、重さは約139g。カラーは、Gold、Pink、Black、Whiteの4色。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング