「ディズニー・ブロードウェイ・ヒッツ」が2019年1月31日(木)・2月1日(金) 、パシフィコ横浜にて開催されます。

メリー・ポピンズやベルなど数々のヒロインを演じてきたアシュリー・ブラウンさん、公演プロデューサーのジェフ・リーさんのインタビューをお届けします。

ディズニー音楽は「信じること、夢見ることを思い出させる」

アシュリー・ブラウン

ジェフ・リーさんは21年前の『ライオンキング』オリジナル公演からディズニー・シアトリカル・プロダクションズでディズニーミュージカルを手がけ、現在もスペシャルイベントやディズニー・クルーズラインやディズニーランドとも組んだスペシャルショーのプロデューサーを務めています。

アシュリー・ブラウンさんは『メリー・ポピンズ』オリジナル公演のメリー・ポピンズ役、『美女と野獣』ベル役など、数々のヒロインを演じてきたミュージカル女優です。

「ディズニー・ブロードウェイ・ヒッツ」のために来日するブロードウェイの2人がディズニーミュージカルの魅力、そして本公演の見所を語ります。

ディズニーの音楽の魅力はどんなところにあると思いますか?

アシュリー「“自分を信じる”“夢を大事にする”というテーマが貫かれていることだと思う。

子供も大人もティーンエイジャーも、夢見ることを忘れちゃだめ。

夢は大事よ。夢があるから人は頑張れる。

すべてのディズニーの曲には“信じる”という下敷きがある。

いくつになっても決してやめてはならないことよ。

ディズニーの曲は、みんなにそういうことを考えさせる。

信じること、夢見ることを思い出させるのよ。」

ディズニーミュージカルで一番魅力を覚えるのはどういうところですか?

ジェフ「老若男女に伝わるところだと思う。

ターゲット年齢はない。なぜならすべての人の心に子供がいるからだ。

もし子供が『ライオンキング』を楽しめるなら、80代や90代の人であっても楽しめる。

『アラジン』でも『リトルマーメイド』でも『アナと雪の女王』でも同じだ。

僕たちの作品はあらゆる年齢層の人に受けいれられる。

観客を区分するような線引きはない。そういう懐の広さが魅力だ。

僕らも作っていて楽しいと感じるが、それはどんな年齢の人にも、どこの国の人にも伝わるとわかっているからだ。

実際、多くの国で、その国の言葉に翻訳されている。シェアできるってすばらしいことだ。

7年間『ライオンキング』をやっていて、一番うれしかったのは、『ライオンキング』をよその国への贈り物にできたことだ。

僕らには新しい友達ができ、その国のアーティストとコラボレーションすることができた。

そしてその国の人たちが、僕らと同じように作品を慈しみ、大事にしてくれる様子を見届けることができた。」

「ディズニー・ブロードウェイ・ヒッツ」が他のコンサートと違う点はどこですか?

ジェフ「まず第一に、このコンサートではディズニーのミュージカル楽曲だけが歌われる。

ディズニーの映画やアニメで聴き馴染んだ曲もあると思うが、どの曲もその映画やアニメが生んだブロードウェイのミュージカルの中で歌われているものだ。

そういう意味でブロードウェイ・オンリーのコンサートだ。

ブロードウェイ・オンリーというが、もちろんそれらの作品は世界各国でも上演されている。

4人の歌手が2公演にフル出演し、いろんな作品の楽曲を歌う。どの作品のどの曲なのかについての情報も与える。

目指すのはエンターテインメントと、ディズニーミュージカルについてのちょっとした教育だ。

今思ったけれど、僕らはこれからも作品を生み出し続けるだろうから、コンサートの中身も変えていけそうだね。

シーズンごとに新しい曲を増やせるから、同じ場所で定期的に開催されるコンサートになったとしても大丈夫。

新鮮な内容を提供し続けられる。

スタンダード曲もやるけれど、新曲もあるってことだ。」

 

アシュリー「『ディズニー・ブロードウェイ・ヒッツ』が特別なのは、歌われる全ての曲が、人々に愛されているし、心を揺さぶってディズニーを好きにさせる曲であることよ。

ディズニーにあって他にないものは、曲を聴いた時に感じる郷愁感(ノスタルジア)よ。

8歳だろうと80歳だろうと、懐かしさをおぼえるの。

他では体験できないわ。」

「ディズニー特集 -ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます