超奥手男子は積極的に女性が来てくれると喜ぶ

彼らは自分を好きになってくれる女性を大切にします。しかし、ノウハウもなく自信もないため「自分から行く」ことができません。

恋が根っから苦手なのではなく「自分から何もできない男性」なだけなので、彼から誘いやすいようにしてあげる必要があります。

  • 笑顔を絶やさず好意を積極的に示す
  • 楽しそうにふるまう
  • 彼の提案を受け入れる
  • 「それはちょっと……」などと否定しない
  • 「いいと思う」と、全面的に彼を肯定する
  • 「あなたって私の好きなタイプ」とほめる、「あなたといると癒される」と言う。
  • 「大丈夫だよ」と、彼を受け入れる

時間はかかりますが、確実です。「超奥手で自分から何もできない男性」はすぐに女性を「手に入らない」とあきらめがちなので、このように「手に入りそう」と思わせる必要があるのです。

具体的な誘い方は?

彼を肯定して「この人は僕の味方だ、安心だ」と思わせたところで誘ってみましょう。疑い深く自分に自信のない男性だと、日にちを決めていない誘いは社交辞令と受け取ることがあるので、日にちを決めて誘ってみます。

例えば彼が好きな食べ物の話題で「おいしそうなお店を見つけたから行かない?」と画像を見せるなどし、理由付けして誘うとうまく行きます。

超奥手の男性は、細かいところまでプレッシャーを感じるので「あなたと行きたい」というより「おいしそうだから行きたい」のほうが気楽に行けるでしょう。

いかがでしたか?超奥手な男性とは、女性が積極的になることで両思いになれる可能性が高いです。

だからと言って空気を読まずにぐいぐい行くのは嫌われるもと。あくまでも女性らしいことが前提で、空気を読むことができる女性でないといけないということです。

TPOをわきまえて空気を読み、積極的に行ってみましょう。

たえなかすず:歌人。短歌を詠むことが好き。ブラブラとOL時代を送ったあと結婚し、二人の娘の母になった恋愛コラムニスト。他恋愛サイトでも連載中。昭和マニアなのでいつも昔に思いをはせています。恋愛の話と面白いネタに食いつきます。趣味は映画観賞とマラソン。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます