「モテすぎてつらい…」は本当だった! “超イケメン”に日常と恋愛模様を聞いてきた

突然ですが、筆者の知人に非常にイケメンの男性、Aさん(20代後半)がいます。ジャニーズ系にワイルドを足した感じで、まぶしくて直視できないくほど。まるで芸能人のようにイケメンの彼はいったいどんな日常を送っているのだろう? と疑問に思い、お話を聞いてきました。

突然ですが、筆者の知人に非常にイケメンの男性、Aさん(20代後半)がいます。ジャニーズ系にワイルドを足した感じで、まぶしくて直視できないくらい、後光が差していてまるで芸能人のよう。

イケメンはさぞかしいい思いをしてるのだろう、いったいどんな日常生活を送っているのだろう?と疑問に思い、お話を聞いてきました。

スカウトはビジネスライク

あまり聞いたことがないのですが、男性もイケメンならひんぱんにモデルにスカウトされるとのこと。スカウトされるスポットは、なんと“会社の前”。

Aさんの会社の前で、座り込みをして彼を待っていたスカウトマンがいたそうです。スーツ姿のきちっとしたビジネスマンで、まず名刺を差し出し、ビジネスバッグからパンフレットと会社案内を取り出してAさんをスカウト。女の子をモデルに誘うときのような「ここに電話して~」な胡散くささはまったくなかったそうです。男性にはオーソドックスな方法で来るんですね。

「男性を勧誘するスカウトマンは、刑事のような鋭い視線なのですぐわかります」とのこと。繁華街やオフィス街で凝視してくるビジネスマンはだいたいスカウトマン、というお話でした。

年上、年下…もちろん男にもモテる

男性からのお誘いもあるんだとか。「ちょっとこれから行かない?」と真剣にホテルに誘われたり、「可愛いよね~」といきなり職場の同僚がオネエ風味になったことも。

共通するのは“普段はノーマルに見えたのに、二人きりになると豹変”と言うケース。Aさんいわく「はっきり断って傷つけてしまったらとか、恥をかかせてしまったら、と考えるので気を使います。隠していた本当の顔を僕に見せたってことですからね……」と、あいまいに笑ってスルーするしか手がないそうです。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます

超簡単♪ モテ声&小顔・デカ目美容術

     

人気記事ランキング

ソーシャルアカウント