2019年5月17~19日にかけて、アメリカ・シカゴにあるドナルド・E・ステファンズ コンベンションセンターにて、アニメコンベンションイベント「Anime Central 2019」(以下、アニメセントラル)が開催されました。早速、会場の様子をお届けしていきます。

「アニメセントラル」は、1997年にスタートしたアメリカを代表するアニメを中心としたポップカルチャーのイベントです。アメリカ中西部では最大、アメリカ全体で見てもTOP5に入るほどの規模。

毎年5月に3日間開催され、中西部だけでなくニューヨークやカナダから参加される方もいるだけでなく、日本からも数多くのゲストが参加される、世界的に見ても注目度が高いイベントです。

2019年は、声優の安野希世乃さんや中原麻衣さん、漫画家の園田健一さん、歌手のZAQさんなどが会場に招待され、ステージを披露しました。

そんな「アニメセントラル」の様子を振り返っていきます。

イベント開始直前の様子。入り口前には数多くの参加者で溢れていて、みんなとても楽しそう

まず、入り口から入るとすぐに目立つのが、アメリカなど英語圏でも展開しているスマホゲーム『Fate/Grand Order』(以下、FGO)。現在アメリカではツアーを実施しており、2月のロサンゼルス開催に続く形で、アニメセントラル内で第2回開催を行いました。

日本同様、『FGO』は男性・女性に関わらず非常に人気が高く、展示を見て楽しみ、限定グッズを求めてファンが訪れていました。

そして日本同様人気が高いのが、ラップソングプロジェクト『ヒプノシスマイク』。日本では一大ムーブメントを起こすほど女性に人気ですが、海外でもその人気は広がっております。

アニメイトのブースでは『ヒプノシスマイク』のグッズを見つけて興奮するアメリカのファンがいらっしゃったので、撮影をさせていただきました。

日本ではお馴染みの痛バッグですが、アメリカでも人気でよく見かけました