カラダのニオイは制汗剤やボディシートでケアできても、“口臭”は自分では気づきにくいものです。

歯磨きやマウスウォッシュ、ガムなどでケアしているつもりでも、実は周囲の人に不快感を与えていた……なんてことも。手ごわい口臭は、コーヒーやにんにくなど刺激物のニオイが残っていたり、虫歯や胃の悪さが原因になっていたりと様々な理由で発生しますが、「歯周病」もそのひとつに挙げられます。

そんな歯周病には「ユーカリ抽出物」が効果的だと発表したのが、“お口の恋人”のキャッチコピーで知られるロッテ株式会社。

ユーカリとは、コアラの主食として知られる、あのユーカリです。口臭とは結びつきませんが、いったいどんな効果があるのでしょうか。研究結果発表会に足を運んでみました。

歯周病で太りやすくなることも!?

 

大阪大学歯学部長・大阪大学大学院歯学研究科長の天野敦雄先生

そもそも歯周病とは、歯垢に含まれる「口腔内細菌(歯周病菌)」の影響で歯ぐきの腫れ・出血が起こり、重症になると歯ぐきを支える骨が溶けてしまうこともあるという病気のこと。

大阪大学歯学部長・大阪大学大学院歯学研究科長の天野敦雄先生によると、歯周病は唾液を介して感染するため“直箸”でも感染る危険性があるのだそうです。

家族や恋人、気心知れた友人など親しい間柄の食事会などでは「直箸で取り分けていい?」というシーンがよくありますが、心理的に抵抗がなくても、取り分け専用の箸を使用するよう心がけたほうが安心かもしれませんね。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます