【健康】知らなきゃ疲れの無限ループ! バスクリンに聞いた疲労回復お風呂テク!

この世のあらゆる不健康を集約したカラダの持ち主がジョギングを始めてみました。でも最近走ったあとの疲れが残ってるんですよね~! 疲れたまま走って、また走って疲れて、これ、一体どうしたらいいの~!

こんにちは、株式会社バーグハンバーグバーグの柿次郎です。  

虚弱体質の僕が、カラダを改善して健康を取り戻すためにジョギングをしてみようというこのコーナー。

最近、走り終わったあとの疲労がハンパないんです。そこで今回は、たまった疲れをとるために、意外と知らないお風呂の秘密を調べてきました!

 

 

ギャラクシー「柿次郎さんに呼び出されたけど、待ち合わせ場所ここでいいのかな? あ、来た!」

 

柿次郎「お、お~い…」

 

ギャラクシー「なんかいつにも増して疲れてますね」

 

柿次郎「最近疲れが抜けないのよ。走ったあともずっとしんどくて」

 

ギャラクシー「それ良くないですよ。以前デサントさんと話した時に、継続できるランナーはリカバリーをちゃんと行っている、と言われましたよね?

 

▼ジョギングを継続できているランナーが行っているリカバリー方法

 

 

柿次郎「継続出来てるランナーの44%が入浴でリカバリーを行ってるのか! いいなあ、そういえば最近ゆっくりお風呂に入るなんてこと、なかったなあ」

 

ギャラクシー「わかりました! じゃあ今回は、お風呂の専門家に話を聞きにいきましょう!」

疲れをとるといえばお風呂、お風呂といえばバスクリン! というわけで、株式会社バスクリンさんを訪れました! 話を伺ったのは入浴指導員という肩書を持つ石川泰弘さん。お風呂と入浴に関するプロ中のプロなのです!

 

 

 

石川「はじめまして!」


柿次郎
「はじめまして! さっそくですが、最近疲れが抜けなくて困ってるんです」


石川「そういうことならやっぱりお風呂ですね。入浴でカラダがあたたまると血流が良くなって体内の老廃物や疲労物質が取り除かれると言われていますね。それに何と言っても、精神的にリラックスできるというのが大きいです」


ギャラクシー
「疲れにはやっぱりお風呂なんですね。普通の疲れと、ジョギング(スポーツ)の疲れでは、入浴法は変わってくるんですか?」


石川
仕事などによる一般的な疲れの場合、熱めのお湯に短い時間つかるのが良いでしょう。リフレッシュしたいのなら、熱めのお湯にサッとつかる、一方スポーツなどの疲労はぬるめのお湯にじっくりとある程度長くつかってください」


柿次郎
「へー! やっぱり疲れの原因で入浴方法が違うんですね!」


石川
「スポーツによる疲労は、カラダや筋肉といった肉体的なものが原因ですからね。一方、仕事などによる一般的な疲労はストレスや精神的なものがありますから、入浴法も若干変わってきます」 

 

 

さすが入浴指導員! お風呂のことなら何でも知ってます! 次ページではさらに詳しく疲労回復お風呂テクを聞いていきます! 

いま人気の動画

     

人気記事ランキング

ソーシャルアカウント