「ケンウッド」ブランドのヘッドホン4機種、直販サイトで発売

2015.8.7 13:58配信
左から「KH-KZ3000」「KH-KZ1000」「KH-CRZ700」「KH-CRZ500」

JVCケンウッドは、「ケンウッド」ブランドからステレオヘッドホン「KH-KZ3000」「KH-KZ1000」、インナーイヤーヘッドホン「KH-CRZ700」「KH-CRZ500」の計4機種を直販サイトで8月29日に発売する。

「KH-KZ3000」と「KH-KZ1000」は、オーディオのボリュームをイメージしたハウジングに、「ケンウッド」ロゴの「The red triangle」をモチーフとして取り入れ、装着時のすっきりとしたフォルムや質感にこだわった、ソリッドなデザインを採用した。

独自の高音質設計によって、上質かつクリアで、全帯域を通して重厚なサウンドが楽しめる。また、ハイレゾ音源の再生に対応する。

ハウジングには、それぞれが異なる周波数の低減を受け持つことで、歯切れのよい豊かな低音を実現する「クアッドダクトエンジン」×4基を備える。ケーブルはアクセントとなるレッドの着脱式で、本体側はバランス対応4極ジャックを採用する。ケーブル長は1.2m。

「KH-KZ3000」は、「グラスファイバーPAサウンドディフューザー」によって、コンパクトなハウジングながら空気を効率的に使用し、低域の再現性をさらに高めた。また、マグネット×3基を配置した40mmのトリプルネオジウムマグネットドライバーユニットを採用し、磁力を最適化することで、より正確な振動板の制動を可能にし、さらにきめ細かな音を表現できる。重さは270.0g。税込価格は4万8400円。

「KH-KZ1000」は、40mmのシングルネオジウムマグネットドライバーユニットを搭載する。重さは200.0g。税込価格は2万5000円。

「KH-CRZ700」と「KH-CRZ500」は、オーディオのボリュームをイメージしたリング形状のハウジングカバーと、デザイン性と装着時の安定感向上を兼ねたスタイリッシュスタビライザーを採用したインナーイヤーヘッドホン。スタビライザーには、「ケンウッド」ロゴの「The red triangle」をあしらった。

本体には、ライブ感のある豊かな低音を楽しめるバスポートを備えており、ケーブルには音楽再生や通話といった、スマートフォン操作が可能なリモコンを搭載する。ケーブル長は1.2m。

「KH-CRZ700」は、マグネット×2基を配置した10mmのダブルネオジウムマグネットドライバーユニットを採用し、磁力の最適化によって正確な振動板の制動を実現し、きめ細かな音を表現できる。重さは8.0g。税込価格は7980円。

「KH-CRZ500」は、10mmのシングルネオジウムマグネットドライバーユニットを採用する。重さは7.5g。税込価格は4980円。

なお、予約特典として、モータースポーツ向け無線機用ヘッドセットに使用している非売品の「KENWOODロゴプレート」をもれなくプレゼントする。また、8月29日~30日の「SUPER GT(2015 AUTOBACS SUPER GT Round 5 44th International SUZUKA 1000km)」、および9月12日~13日の「WTCC(2015 FIA 世界ツーリングカー選手権 “WTCC JVCKENWOOD Race of Japan”)」において、特典付きのプレミアム販売・試聴機設置を行う。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング